このブログは何年続くのかな…
今日も軽く予想。

阪神11R 桜花賞
◎リリーノーブル
○アーモンドアイ
▲マウレア
△フィニフティ、プリモシーン

今週の阪神を見ていると、米血がかなり強いように見える。もちろんディープ産駒は向いているのだが、ディープの中で米血が強いフィニフティ、マウレアあたりが外枠を引いた。となると、総合的に考えて◎リリーノーブル。絶好の中枠、血統も合っている。○アーモンドアイ。これもディープ産駒ではないが絶好枠。▲△はディープで米血に寄せたタイプ。

ラッキーライラックは能力最上位だし、好走の可能性も高いが、多頭数最内枠の経験がなさすぎる。ちょっとリスクが高すぎるので、飛んでもらう方に張りたい。

◎から馬連三連複。
今日も時間がないので、予想印のみ。

◎アルアイン
○ヤマカツエース
▲ペルシアンナイト
△サトノダイヤモンド

大阪杯は中距離のチャンピオンレースなので、適性は中距離ホースにあるのだが、人気は天皇賞向きの長距離馬が背負うという変わったレース。キタサンブラックのような馬から入ってもいいのだが、馬券的に旨みがあるのは、ステファノスのような中距離馬。ということで今回は◎アルアイン。有力馬の中で、春の天皇賞を視野に入れていないであろう馬はこの馬のみ。○ヤマカツエース。インの馬場が良く、先行馬が引っ張る流れなら、内枠先行馬をノーマークにはできない。血統も合う。▲ペルシアンナイト。○と同じ理由で、内枠で血統が合っている。脚質が微妙なので信頼度はやや落ちるが悪くない。△サトノダイヤモンド。これも内枠だが、タフな馬場は血統的に合っていない。ソツなく乗ってくれば。

信頼できるのは◎のみなので、基本は◎の単複でいいような気がする。相手は内枠に絞る。
中京11R 高松宮記念
今日はあまり時間もないので結論から。

◎ブリザード
○ファインニードル
▲ダンスディレクター
△外枠の差し馬

◎ブリザード。香港の一流馬がこのレースを狙ってきた場合、期待値はかなり高い。今回の日本のメンバーは世界で通用するようなレベルではないので、単純に能力差で押し切れないか、というのがひとつ。もう一つは血統。ダンチヒ系の塊のような血統だが、今開催はダンチヒ系が面白いように走っている。今の馬場に合いそうなのが強調材料。○ファインニードル。アドマイヤムーン産駒は高松宮記念で強いし、先行馬で残るならこれか。▲ダンスディレクター。京都巧者のイメージがあるが、差し競馬になれば確実に差し込んでくるはずで。△外枠の差し馬。土曜日はとにかく外差し有利だったので、1頭くらい変なのが入るとすれば外枠と見る。

◎から馬連ワイド3連複。
ご無沙汰しております大生です。2018年G1シーズンに合わせてブログも復帰。

東京11R フェブラリーS
ポイントは以下3点。

・今年は先行馬が多く、流れそうだが、それでも条件的には先行馬有利。
・血統はデピュティミニスター系が強い。ヌレイエフ、ボールドルーラーも合う。
・チャンピオンズC、根岸Sともにラップが異なるため、この2戦の戦績はアテにしない方がよさそう。

東京マイルなので前傾ラップにはなりやすいが、それでも力のある先行馬なら押し切れる舞台。逆に追い込み一手の馬は軸に出来ない。はい結論。

◎ゴールドドリーム
○インカンテーション
▲サンライズノヴァ
△ベストウォーリア
×ノンコノユメ

◎ゴールドドリーム。羽生くんが金メダルを取った翌日、というのはわかりやすいサインだが、条件的にもドンピシャ。血統はバッチリだし、このG1はリピーターレースだし。逆らえない。○インカンテーション。今回は折り合いをつけて乗りたいところだが、すぐ横のララベルが逃げるので控えやすいはず。▲サンライズノヴァ、△ベストウォーリア、×ノンコノユメは脚質的に本命視はできないが、レースが終わった後に突っ込んでくる可能性はそれなりに高い。

テイエムジンソクは切る。G3、G2を連勝してくるこのパターンの馬は、重賞勝ちに届きこそすれ、G1には手が届かないと見る。プロ野球でいえば、大事な場面で直球だけで乗り切れないのと同じ(伝わりますかね?)。小脚が使えなかったり、一本調子だったりと、東京1600mという特殊条件で本命視する理由がない。さらに先行馬なので、崩れたときは二桁着順の恐れまでありそう。古川くんには頑張って欲しいんですが、さすがに厳しい条件が揃ったとみる。

◎から馬連馬単ワイド。

今日は普通に出勤なので、スマホから予想。

中山11R ホープフルS

いきなり結論から。

◎フラットレー

◎フラットレー。ノーザンファーム直系クラブ・キャロットファームの1番馬(しかもマラソン馬)が、仕上げに定評のある藤澤和厩舎で、状態面・気性面に何の不安もなく出走してきた。しかも鞍上は最強ジョッキー・ルメールで、枠順は包まれにくい中枠。死角らしい死角はない。

4人気というのは「能力がわからない」「前走内容が平凡」だからだろう。しかしよく考えてみて欲しい。ノーザンファームの1番馬が能力がないわけがないし、前走は仕上げが甘かった上にドロンコ馬場で参考外の一戦。事実、この後は即座にホープフルS出走を表明しており、陣営は能力負けとは全く思っていないことがわかる。勝負気配や臨戦過程も問題なしであれば、はっきり言って買い材料しかない。

◎の単複で大勝負したい。