このブログは何年続くのかな…
ご無沙汰しております大生です。2018年G1シーズンに合わせてブログも復帰。

東京11R フェブラリーS
ポイントは以下3点。

・今年は先行馬が多く、流れそうだが、それでも条件的には先行馬有利。
・血統はデピュティミニスター系が強い。ヌレイエフ、ボールドルーラーも合う。
・チャンピオンズC、根岸Sともにラップが異なるため、この2戦の戦績はアテにしない方がよさそう。

東京マイルなので前傾ラップにはなりやすいが、それでも力のある先行馬なら押し切れる舞台。逆に追い込み一手の馬は軸に出来ない。はい結論。

◎ゴールドドリーム
○インカンテーション
▲サンライズノヴァ
△ベストウォーリア
×ノンコノユメ

◎ゴールドドリーム。羽生くんが金メダルを取った翌日、というのはわかりやすいサインだが、条件的にもドンピシャ。血統はバッチリだし、このG1はリピーターレースだし。逆らえない。○インカンテーション。今回は折り合いをつけて乗りたいところだが、すぐ横のララベルが逃げるので控えやすいはず。▲サンライズノヴァ、△ベストウォーリア、×ノンコノユメは脚質的に本命視はできないが、レースが終わった後に突っ込んでくる可能性はそれなりに高い。

テイエムジンソクは切る。G3、G2を連勝してくるこのパターンの馬は、重賞勝ちに届きこそすれ、G1には手が届かないと見る。プロ野球でいえば、大事な場面で直球だけで乗り切れないのと同じ(伝わりますかね?)。小脚が使えなかったり、一本調子だったりと、東京1600mという特殊条件で本命視する理由がない。さらに先行馬なので、崩れたときは二桁着順の恐れまでありそう。古川くんには頑張って欲しいんですが、さすがに厳しい条件が揃ったとみる。

◎から馬連馬単ワイド。

今日は普通に出勤なので、スマホから予想。

中山11R ホープフルS

いきなり結論から。

◎フラットレー

◎フラットレー。ノーザンファーム直系クラブ・キャロットファームの1番馬(しかもマラソン馬)が、仕上げに定評のある藤澤和厩舎で、状態面・気性面に何の不安もなく出走してきた。しかも鞍上は最強ジョッキー・ルメールで、枠順は包まれにくい中枠。死角らしい死角はない。

4人気というのは「能力がわからない」「前走内容が平凡」だからだろう。しかしよく考えてみて欲しい。ノーザンファームの1番馬が能力がないわけがないし、前走は仕上げが甘かった上にドロンコ馬場で参考外の一戦。事実、この後は即座にホープフルS出走を表明しており、陣営は能力負けとは全く思っていないことがわかる。勝負気配や臨戦過程も問題なしであれば、はっきり言って買い材料しかない。

◎の単複で大勝負したい。

朝日杯FSはハズレ。後傾ラップに強い先行馬=ダノンプレミアムで分析はバッチリだったが、1,2,3番人気の馬券なんて取れるわけない。なので気にしない。

中山11R 有馬記念
今年のポイントは以下。

・過去のグランプリ好走馬は要注意。有馬記念・宝塚記念の実績は軽視しない。
・先行内枠馬が有利。直線で2列目より前にいないと厳しい。外枠は先行馬以外は厳しい。
・勝ち馬はSS系、ロベルト系から選びたい。過去10年、この2系統以外は勝てていない。
・内包して歓迎の血統は、トニービン、ノーザンテースト、キングマンボ。スタミナ系が合う。

今年は内枠・外枠まんべんなく来ている馬場。ただ、例年よりもかなり先行有利になっているのは間違いない。後方で溜めてごっつぁん待ち、という馬は厳しいと思う。

はい結論。

◎キタサンブラック
○ヤマカツエース
▲サトノクロニクル
△8.10.12.14

◎キタサンブラック。絶好枠で、血統ピッタリ、脚質ピッタリ、渾身の仕上げでリピーター。1人気といえ、これで蹴とばす訳にはいかないでしょ。○ヤマカツエース。インピッタリで恩恵を受けられるし、キンカメ×ロベルトだし、昨年4着だし。確勝の金杯捨てて参戦している以上、ここは勝負掛かり。▲サトノクロニクル。絶好枠を引いた先行馬で、血統もピッタリ。

◎-○▲-○▲△の3連単が大本線。
先週は大本線○◎で決まり、3着もしっかり捕まえてたので、気持ちよく的中。1番人気が飛んだので、3連複はもう少し配当が欲しかったが・・・みなさん馬券がお上手ですね。

阪神11R 朝日杯FS
今年で4年目の阪神マイル開催。このレースを当てる前に、確実に押さえておきたいポイントは、

阪神JFとなにが違うのか

馬場・天候は似通っているので、基本的な狙い方はほぼ同じ。これに朝日杯FSならではのアレンジを加える形でいいだろう。では朝日杯と阪神JFの最大の違いはなにか。

阪神JF: 短距離~中距離馬のレース
朝日杯FS:短距離~マイラーのレース

つまり牡馬路線にはホープフルSが存在するため「朝日杯FSには本格的な中距離馬が参戦していない」のが最大の違いである。これによって影響を受けるのは道中のペース。阪神JFはスタミナに自信がある馬もおり、流れが速くなりやすいが、朝日杯は短距離馬が多く、ペースが落ち着きやすい。過去3年のラップを比べてみるとよくわかる。

2016年:阪神JF【34.7-58.8-35.2】朝日杯FS【35.6-60.6-34.8】
2015年:阪神JF【34.8-58.7-35.8】朝日杯FS【34.7-60.0-34.4】
2014年:阪神JF【35.0-59.2-35.2】朝日杯FS【34.9-59.8-36.1】

過去3年、5F通過は全て阪神JFの方が速い(平均で+1.2秒)。よって今年も朝日杯の方がペースはゆったり流れる可能性はかなり高い。(※ただし今年は複数頭数出しの馬主が多く、ラビットが玉砕逃げをする可能性もある。可能性は高い、ということでひとつ)

これを踏まえて、朝日杯FSのポイントは以下3点。

【朝日JFのポイント】
・スロー~ミドルペースで最速上がりを使えるタイプが有利。枠は内~中枠ベター。
・差し追い込みがやや有利だが、先行馬でも後傾ラップ実績がある馬は要注意。
・高速上がりを使える血統が有利。ディープインパクト、ダイワメジャー、ニジンスキーなどは合う。

はい結論。

◎フロンティア
○タワーオブロンドン
▲ダノンプレミアム

◎フロンティア。ダイワメジャー×母父トニービンともにピッタリ。上がりの脚もあるし、前走は叩き初戦×不利がありノーカウント。このレースは差し有利と言われているが、穴を開けるなら先行馬だろうし、有力馬が後ろでゴチャつけば先行抜け出しで止まらないのでは。○▲は普通に。

◎から○▲の馬連2点が本線。3連複は◎-○▲から流す。

香港の予想を簡単に置いときます。

シャティン4R 香港ヴァーズ
◎トーセンバジル
○キセキ
▲イーグルウェイ

中距離は日本馬中心、香港馬押さえ、欧米は軽視。◎トーセンバジルはハービンジャー産駒だが、長い平坦な直線はピッタリ。鞍上にモレイラを配して必勝態勢(岩田も香港にいるのに・・・)。○キセキも当然チャンスだが、ルーラーシップ産駒だけに仕掛け遅れがやや心配で。▲イーグルウェイ。香港馬ならこれか。直近の着順は悪いが、芝2400mに戻って斤量減は魅力。

◎○1点が基本と言いたいところだが、○がやや不安定と見て、◎の単勝で勝負したい。

シャティン5R 香港スプリント
◎ミスタースタニング
○ラッキーバブルズ
▲ザウィザードオブオズ

スプリント・マイル路線は香港馬を中心に買えばよいので、当然◎ミスタースタニングになる。あとはモレイラ・ボウマンという騎手買いで。特に○ラッキーバブルズは斤量減で鞍上強化、アタマ逆転もあるので絶好のねらい目。日本馬はロードカナロアこそ好走したが、基本的には要らない。◎○1点が本線、押さえで▲。

シャティン6R 香港マイル
◎ビューティーオンリー
○シーズンズブルーム
▲ヘレンパラゴン

スプリントと同じく香港馬中心。同馬主・同厩舎などが多くハイペース必至。こうなると差し馬優勢だが、日本のサトノアラジンは後傾ラップでこそなので違う。となると狙いはやはり香港馬。◎ビューティーオンリーは秋4戦目で斤量1kg減、狙いは最初からここではないか。○シーズンズブルーム、前走強い競馬でモレイラ、ただし斤量1.5kg増なので前走のような抜け方は難しいか。▲ヘレンパラゴンはインベッタリからの差しに期待。

一応◎○▲3頭を買うが、個人的にはあまり自信がないので軽めに。

シャティン7R 香港カップ
◎ステファノス
○ネオリアリズム
▲ワーザー
△スマートレイアー

中距離は日本馬中心、香港馬押さえ、欧米は軽視(2回目)。◎ステファノス、オールカマーは走りすぎ、天皇賞は走らなさすぎ。巻き返しは十分可能。○ネオリアリズム、馬場適正は証明済。▲ワーザー、香港馬は複数いるが、斤量減になるこの馬が最も確率高い。△スマートレイアー、前走メイチ勝負だったが、レベルが低ければ日本馬独占もあるか。

◎○1点が大本線。◎から馬単、3連単も買う。欧州馬が全滅してくれればありがたい(特にハイランドリールはラストランだし、完全にかませ犬だと思う)