このブログは何年続くのかな…
ご無沙汰しております。G1なので予想だけ置いときます。

東京11R フェブラリーS
今年のポイントは以下3点。

・スローになりそうで、内枠先行馬にチャンスあり。逆に追い込み馬は不安。
・血統はデピュティミニスター系が強い。ヌレイエフ、ボールドルーラーも合う。
・チャンピオンズC、根岸Sともにラップが異なるため、この2戦の戦績はアテにしない方がよさそう。

メンバーを見渡すと、どうやらスローになりそうなメンバー。コパノリッキーはぶっ飛ばし逃げは打たないし、ケイティブレイブはマイルで楽逃げできるスピードはないだろう。そうなると追い込み馬には厳しい流れになる。ということは、差し決着になった根岸S、チャンピオンC上位馬は過剰人気と読む。

はい結論。

◎ゴールドドリーム
○コパノリッキー
▲ノンコノユメ
△ベストウォーリア

◎ゴールドドリーム。まず血統がドンピシャ。そして前走が出遅れて参考外で人気を落としているのもいい。乗り替わりが多い中、デムーロ続投もプラス。堅軸だと思う。○コパノリッキー。去年のフェブラリーSで惨敗したため人気を落としているが、中団待機策で嫌気が差したのが原因。血統、コース適性はピッタリだし、先行馬が少ない今年は再び大チャンス。▲ノンコノユメ。差し馬で1頭買うならこれか。東京マイルは堅実だし、去年2着した5歳馬なら連チャンは可能。△ベストウォーリア。条件はベスト。勝ち切るまではどうかだが、相手としては押さえないと怖い1頭。

カフジテイクは切る。チャンピオンズC、根岸Sと好走しているが、前述通り、今回は同じ流れになるとは思えない。あって3着。サウンドドトゥルーも危ない。前走はお世話になったが、今回は乗り替わりの上、展開が向かない。

◎から馬連馬単ワイド。3連単はパドック見て買うかも。
阪神11R 阪神ジュベナイルフィリーズ
このレースのポイントは以下。

・冬の阪神マイルはパワーが要る。アメリカ血統ノーザンダンサー系が有利。
・枠は内枠がやや有利、脚質は先行有利。差しは届きにくい。
・ルメール絶好調。

はい結論。

◎シグルーン
○ソウルスターリング
▲サトノアリシア
△リスグラシュー、ショーウェイ、レーヌミノル

今年は時計のかかる馬場であり、タフな馬場に適性がある馬を買う。◎シグルーン。父アイルハヴアナザーはリボー系の影響が強く、タフな馬場に強い。前走のアルテミスSは守備範囲外だと思っていたら、見せ場たっぷりの3着。確かにリスグラシューには千切られたが、馬場が変わればあそこまで差は生まれないはず。○ソウルスターリング。サンデー系を持っていない、関東馬である、などマイナス面も多い。だがルメール騎乗であり、連チャンしたら止まらないデインヒルの血を持つ。崩れるイメージがあまり持てないので普通に買う。▲サトノアリシア。これもND系が強い。掛かる馬なので、ある程度流れるレースは向くだろう。

◎○が大本線で、3連複も2頭流しで行きたい。
ここから年末まで、また忙しくなりそうです。といってもプライベートなのでまだ良し。以前のように、月間250時間とか働いてないので、体力的には問題ないですが、時間はなかなか取れない。そんな今日も簡単に予想。

京都11R マイルCS
基本的に、京都マイルはキレる脚を使える馬が有利で、先行馬も残ることが多い。だが今年は時計がかかっており、ミッキーアイルが引っ張るペースも考えると、恐らく差し馬がかなり有利になるはずだ。血統的にはSSが強いが、上がりがかかればノーザンダンサー系がかなり台頭すると読む。

はい結論。

◎ロードクエスト
○ガリバルディ
▲サトノアラジン
△フィエロ、ネオリアリズム

◎ロードクエスト。ミドルペースの追い込み馬。ペースに左右されるため、どうしても馬柱は汚くなるが、ハマればいつ走ってもおかしくないタイプ。血統もいいし、鞍上はデュランダルで実績のある池添。ここは大チャンスでは。○ガリバルディ。こちらは追い込みに回って本領発揮した馬。前走はスローで持ち味が活かせなかった。今走は条件ベストで前進ある。

◎と○はどちらも魅力的なので、どちらからも買っておく予定。
今日は時間ないので簡単に。

京都11R エリザベス女王杯
基本的にはリピーターレース。京都外回り2200mという距離に適性がある馬はやはり有利。あとはアメリカ系スタミナ血統が走る。はい結論。

◎タッチングスピーチ
○クイーンズリング
▲マリアライト
△1.4.7.9.11.13

◎タッチングスピーチ。ディープ×Sadler's Wellsでアメリカ系強めの構成。京都長距離実績も十分。ルメール下ろしてムーア確保なんて、ソフトバンクの補強を見るようなやりたい放題。ただ、そのやりたい放題ができる組織力はやはり有利。

◎から馬連と3連複で。
東京11R 天皇賞(秋)
今年の天皇賞(秋)は粒揃いのメンバーだが、最近の当レースは各馬の本気度が大きく違うのが特徴といえる。秋のG1戦線、どこを本気で取りに来るかが各陣営で異なっており、天皇賞(秋)を明確に狙いにきている馬というのはそれほど多くないのだ。試しに、今回のメンバーが本当に狙っていそうなレースは以下の通り。

【各馬の狙っている(と想定される)レース】
天皇賞(秋)
アンビシャス、サトノクラウン、モーリス、ルージュバック、ステファノス、ラブリーデイ

マイルCS
クラレント、ローエングリン、リアルスティール

香港遠征
エイシンヒカリ

その他(ステイヤーズS、ハンデ重賞など)
アドマイヤデウス、サトノノブレス、カムフィー、ヒストリカル、ヤマカツエース



天皇賞・秋を本当に狙ってる馬は上記6頭だけだろう。よってこの6頭で馬券を組み立てれば、おかしな予想にはならないはず。これを踏まえて、このレースのポイントは以下3点。

・内枠有利、ただし逃げ馬は不利
・高速上がりを使える馬が有利
・血統はSS系が基本、キングマンボ系、ニジンスキー系など中距離をこなせるアメリカ血統が有利。


馬場は徐々に差しも届きはじめているが、スタミナがある馬がインベッタリだとなかなか止まらないのも事実。はい結論。

◎モーリス
○アンビシャス
▲ステファノス
△サトノクラウン
×ルージュバック

◎モーリス。この馬はハッキリ能力が抜けていると思っている。前走を叩いて休養も十分。休み明け・距離などを理由に人気が落ちているが、2000mで底を見せた訳ではなく、実際に前走は稍重馬場で上がり最速を出している。高速上がりも持っているし、冷静に考えて崩れる要素が見当たらない。○アンビシャス。内枠を引けたし、逃げ馬・エイシンヒカリが内に入ったのでレースはしやすいはず。何よりこの馬の武器は高速上がり。うまく運べばモーリスを差し切る場面まであるはず。▲ステファノス。この馬は外から高速上がりで差してくるタイプ。トラックバイアスから考えてアタマまでは考えにくいが、確実な差し脚で馬券圏内なら十分狙える。△サトノクラウン。絶好枠だし、距離もピッタリなのだが、いかんせんSSの血がないのがマイナス。重馬場ならもう少し印を重くしたが。×ルージュバック。血統などは悪くないのだが、非根幹距離である1800mで強すぎるのがマイナス。勝ちに行くと末が甘くなるので、レースが終わった後に突っ込んでくる(そして3~5着)という可能性が高い。押さえの押さえ。

なお6頭のうちの1頭・ラブリーデイは能力落ちという向きもあるが、それよりも大外枠で先行馬というのが大マイナス。控えたとしても高速上がりを持たないので厳しい。

◎○▲△の4頭の競馬と予想し、馬連、馬単を買っておいて、×を少しだけ入れた3連複、3連単を絞って買う。

(追記)
エイシンヒカリに触れませんでしたが、この馬の本質はスローの逃げ馬。実は前傾ラップで逃げ切ったことは1度もない。そこにきての1枠1番が最悪。逃げるなら押して出るしかないし、仮に行けたとしてもクラレントサトノノブレス(クラウンのラビット)がスンナリ逃がすとは思えない。前傾ラップになった時点で大敗になると予想して消しました。