このブログは何年続くのかな…
WBCの監督は原ですか。ついに選んでしまいましたかw 今日はこの話題でひとつ。

野球ファンとしては、この人選で本当に大丈夫かいな?と思うのが普通。だいたい、原が選ばれた決定的なポイントは「セ・リーグで2連覇したから」。だがここ数年の巨人は優勝して当然の戦力だった。2007年は小笠原・谷・吉武・門倉、2008年はグライシンガー・ラミレス・クルーンを補強。補強って言えば聞こえがいいが、実際は「他のチームの戦力を奪って弱くする」という戦術を取っているのと同じこと。巨人が強くなって他が弱くなれば、負ける方がおかしい。

それなのに実際は…2007年・2008年ともに圧倒的な強さとは程遠い内容。2008年なんかは阪神・中日が五輪で根こそぎ選手を持ってかれたのに対し、巨人は上原・阿部が抜けただけでほとんど影響なし。成績を見ただけでは2連覇の手腕というものは微塵も感じられない。一部には「巨大戦力をマネジメントするのも能力」という意見もあるが、巨大戦力も貧弱戦力もマネジメントが必要なのは一緒。ここは理由にはならない。

とここまでは一般的な意見。ここからは、私は原監督をどう見てるかという個人的な意見を書いてみる。

まず良い点を2つほど。

・選手のモチベーションをうまく上げられる点
・実績よりも調子重視(若手を積極的に使うのもここに含まれる)


選手をうまく乗せて、調子のいい選手を使う。簡単に言うが、現在の監督でこの能力を持ってる人は少ない。WBCでは色んな選手をまとめなきゃいかんので、原が持ってる「選手のモチベを上げる能力」は重宝すると思う。

では逆に悪い点。

・作戦が意味不明(=野球のセオリー無視)
・ギャンブルプレーをする


意味不明な継投策、理解不能な代打策。原に野球脳がないのは誰の目にも明らか。また簡単にギャンブルをするのも問題。状況的に理に適ってればまだ分かるが、2点差・9回2死1塁でスチールとかやってたら全世界で笑われる可能性大w 野球脳のない監督がギャンブルやるところなんて怖くて見てられない。

以上より、私の見解はこのようになっております。

「今回は原監督でOK。だが人事権のみの最高権力者とすること!作戦はヘッドに任せること!」


コーチ選び(特にヘッドコーチ)で全てが決まると見た。ヘッドがノムさん・落合あたりなら期待できるかも。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ヘッドの件、納得です。
ただ原監督のルンバ野球は伊原ヘッドだからこそとの話もあるが。。
2008/10/30(木) 08:40 | URL | 家鴨 #-[ 編集]
>家鴨さん、毎度どもです。
仮に伊原がルンバ采配をしてたとしても、あれが繰り返されてる現状を見ると、巨人の首脳陣全体が「あれはおかしい」と思ってないんでしょうな。おかしいと思ったらヤメさせればいいけど、そんな雰囲気ないですし。いつまで経っても阿部とかスンヨプにバントさせて失敗させてるもんねぇw
2008/11/02(日) 03:24 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する