このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと遅くなりましたがPOG的見解・2開催目回顧です。今開催では函館2歳S+OP特別が3鞍がありましたので、この4鞍を中心に、加えて新馬・未勝利戦の注目馬を挙げていくことにします。

注:あくまでコメントは私の主観的なものですので、その辺はご承知おき願います。

・函館2歳Sは参考にならない
テン33.6が速すぎて前が総崩れ。こういうレースは展開が着順を左右するので参考にならない。フィフスペトル(1着)は後方から最も遅く仕掛けており、鞍上三浦のファインプレー。内容は中団から一旦抜け出したナムラミーティア(2着)の方が上。アイアンデューク(3着)は遊んで走っており、能力ならこの中では一番上と見るが、いかんせん気性が…。

・マリーゴールド賞は凡戦だが…
マリーゴールド賞はツルマルジャパン(1着)の2連勝。時計はレコード、現時点でのスピード比べなら断然の印象。ただ新馬戦から前進があったわけではなく、特に評価を上げる内容ではないバンガロール(2着)は非常に痛い敗戦。アグネスタキオン×アメリカ血統の配合は「新馬で勝って2勝目が遠い」という出オチ馬が非常に多いため、2戦目で勝てるかが非常に重要なのだが…アッサリ完敗、これは非常に痛い。今後は「堅実に走ってくれるでしょ」なレベルに落ち着くだろう。

・フェニックス賞も凡戦だが…
今年は9頭立て、しかも勝ちタイムが次の日の新馬戦・未勝利戦よりも遅い。ただしデグラーティア(1着)だけは前目につけて上がり最速、センスの良さが伺える内容。この馬だけは評価できるが、あとはノーマークで構わない。

・ラベンダー賞はソコソコのレベル
時計は優秀。とは言ってもナムラミーティア(1着)の楽勝だけに、評価できるのはこの馬だけ。レースラップ【34.1-35.9】も優秀、しかもナムラはこれを0.6秒上回る35.3で上がっているのでまさに「完勝」である。ただ仕上がりすぎてる感があり、ハッキリ言って上がり目は感じられない。函館2歳で2着にはなったが、今後は非常に微妙。

・その他の馬について軽く
パドブレはハデな出遅れをかますも見た目以上の楽勝。競馬センスの良さがあるので混戦向き。ブレイクランアウトは中団から上がり最速も、上がりだけの競馬なのでそれほど評価は高く出来ない。プロスアンドコンズは新潟はドンピシャの血統、前走並みの内容と考えるべきか。新潟2歳では引き続き有力。ガンズオブナバロンも新潟が合う血統、相手にも恵まれた。評価はできるが、あまり過大評価をすべきでもない。

最後に大生式レーティング。100ちょっとあれば2歳の夏重賞クラスです。

【牡馬】
104 セイウンワンダー
100 ロジユニヴァース、プロスアンドコンズ(+4)
 99 ツルマルジャパン(±0)
 98 ゼットサンサン、ブレイクランアウト
 97 デグラーティア、ガンズオブナバロン
 96 フィフスペトル バンガロール(+1)

【牝馬】
 99 ダノンベルベール
 97 ダイワバーガンディ
 95 ナムラミーティア
 94 バイラオーラ(±0)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。