このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もPOGの話題です。と言っても、酒飲んでナイターを見ていたので簡単に。

松田国厩舎というのはPOGで最重要厩舎と言っても過言ではありません。ここの厩舎のアタリを引けば、まず負けないんですからね。私はこの厩舎と相性がよくて、これまでタニノギムレット・フサイチリシャール・ブラックシェルを指名して優勝をかっさらっています(今年だけはまだわかりませんが)。その松田国厩舎でアタリを引く方法を、ここで暴露してしまいます。

松田国厩舎のアタリを掴むには、

・牡馬はロベルト系・ノーザンダンサー系(の強化型血統)で、かつアメリカ血統を狙う
・牝馬はサンデー系で、かつ非アメリカ血統を狙う


たったこれだけです。これ、POG仲間に教えない方がいいですよ(かなり本気)。私がこの法則に気づいたのは3年くらい前ですね。サンデー産駒がまだいるころにフサイチリシャールを1位指名したり、クロフネ産駒なのにブラックシェルを2位指名したのはこういう理由があったんです。恐らくこの法則は今後も続きます。なぜなら、この法則は松田国厩舎の調教方針から来てるからです。

松田国厩舎ってのは、牡馬と牝馬で調教方法が違うんです。牡馬は坂路でガシガシ追って筋肉を付けるんですが、この調教方法が合ってるのがアメリカ血統。逆に牝馬はソフト仕上げをするので、合っているのはサンデー系。たったこれだけの理屈です。でも総合してみると、松田国厩舎は色んな血統が走ってしまうので「全ての馬(血統)が走っているように見える」、とこういう裏があるんですな。ウソだと思うなら、松田国厩舎の重賞勝ち馬を見てください。法則に外れてるのはフサイチホウオーだけ(しかもクラシック前には筋肉の付けすぎで失速)ですから。

この法則、どこのPOG本にも載ってないし、2ちゃんにも書いてないですよ(たぶん)。こんなヤバイこと暴露していいんだろうかw 「そんな大事なことバラすな!」って方がいればコメントください。すぐに消す準備はしときますw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なるほど。それは良いことを聞きましたね。マツクニ厩舎の当たりかぁ。松田は松田でも「マツパク」のハズレを指名してしまった自分にキツく言い聞かせておかないと!


ゴルディオス…


いまだ未勝利…
2008/05/14(水) 07:51 | URL | まっしー #-[ 編集]
ナルホドねー!血統と厩舎の相性かー。たしかにPOG本では見たことないなー。そういえばキャプテントゥーレでも似たような事言ってたね。
でも悔しいから参考にしないようにしよう!
2008/05/15(木) 08:24 | URL | BUSH #-[ 編集]
>まっしーさん、毎度どもです。
マツパクでアタリを引く方法は…「アドマイヤを取る」ですかねw
あと血統的には、
・ハイペリオンのクロスがないと「たぶん」走らない
・バリバリのアメリカ血統は「たぶん」合わない
という風に「たぶん」が付く程度の特徴はありますが、ハッキリ確信はないのでエントリー起こしてまで書く気はありません。あ、そういえばゴルディオスは母が「バリバリアメリカン」なので私は切りましたけどね。

>BUSHさん、毎度どもです。
キャプテントゥーレ…痛いところ突かれた…でもあの馬が皐月賞勝つとはさすがに分からなかったです。すみませんでした。ま、私は例外として片付けますがw
2008/05/17(土) 01:19 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。