このブログは何年続くのかな…
スプリングSの予想です。POGで指名しているショウナンアルバが出てくるが、私の場合いくら好きな馬がいても理屈に合ってなければ買わない主義。今から分析してみるが、分析結果が怖い…

中山11R スプリングS
ペース読みは比較的容易。中山芝1800mはスタートを出てすぐに上り坂+コーナーがあるため、まずハイペースにはならない。それでいて向こう正面は下り坂のため、スローペースにもならない。平均ペースと考えて良し。さらに、このレースはスパートが早めとなる傾向にある(そのため上がりが36秒台となることもザラ)。スタミナの裏付けが必要となるのもかなり重要な項目。

以上より狙うべき馬は…中距離で、平均ラップ以上を、先行して、粘って好走できた馬、と言うことになる。補足するならば、血統はアメリカ系・スタミナ血統の馬がベスト。

となると、若竹賞・共同通信杯という2鞍で、上記実績を完璧に満たしているショウナンアルバは疑いようのない本命馬ということになる。鞍上蛯名が中山芝1800mを大得意にしているというのも心強い。相手は若竹賞でショウナンと僅差だったアサクサダンディがこれまた疑いようのない対抗馬。血統的にもアメリカ系スタミナ血統が強調されておりこのレースにピッタリ来る。この2頭で堅い

その他の馬。サダムイダテンは厳しいレースでの実績もないし、血統も母方がアメリカ系とは言いがたい。平坦スローがベターでありここで買いたいとは全く思わない。だいたい、この馬ホントに強いの??レッツゴーキリシマは前走・きさらぎ賞4着が気に入らない。中距離のスタミナに不安が残る。アポロドルチェは血統こそ合いそうだが、先行して粘るという実績が不足しているのでパス。ドリームシグナルは岩田からの乗り代わりがどう考えても怪しいし、クラブが初クラシックということを考えれば本番はG1戦線であり、ここは着でもあれば上等だろう。

◎ショウナンアルバ
○アサクサダンディ
△3.7.8.11.16

基本的には◎○1点。あまりにオッズが安かった場合、△を加えた馬券も想定に入れることにしよう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する