このブログは何年続くのかな…
今日はG1予想。最近、気楽に予想した方がいいセン行ってる気がするので、今回も気楽に。

京都11R マイルCS
今年からCコースでやるらしいが、レースラップまで大きく変わるとは思えず。ただ完全外差しの馬場ではなくなるだろうことだけは注意。

まず、マイルCSというのは同じマイルG1である安田記念とは大きく異なる点がある。

・0.5秒くらい、安田記念よりペースが遅くなる(≒先行馬やや有利)
・0.5秒くらい、安田記念より上がりの脚が余計に要求される(≒差し馬は相当な決め手が必要)

ということで、理論上は決め手のある先行馬が最も有利、ということになる。ここで知識のある方なら「これまでのマイルCSは差しが断然有利だったじゃん!」となるところだが、そこはそれ、今年はCコースである。外差しが去年までのように、そんなに簡単に決まることはないのではなかろうか。ということで当ブログでは「決め手のある先行馬」と「相当な決め手を持った差し馬」に絞って探してみよう。

1.決め手のある先行馬
決め手を使って勝ったということは「前傾ラップでスタミナを活かした」という勝ち方は必要ない。スロー~平均ペースで先行押し切りを決めた馬がいい。
該当馬…コイウタ、キングストレイル、マイネルシーガル、ダイワメジャー、ジョリーダンス

2.相当な決め手を持った差し馬
これはスローのヨーイドンで、上がり1位を記録して、なおかつ勝ちきっている馬がいいだろう。
該当馬…カンパニー、スズカフェニックス


7頭か…でもこの中で1頭理屈で切れるっしょ。それはコイウタ。この馬、輸送で勝ったことがなく、騎手も京都2勝だけ、調教師は京都未勝利。最内で包まれて抜けて来れるほど強くもないでしょうし、これは切り。

さてこうなってしまったら、本命にすべき馬は1頭しかいませんな。ダイワメジャーでしょこれは。Cコース変更によって最も恩恵を受けるのはこの馬だもの。良馬場のマイル戦ではほとんどが1分32秒台を出しており、高速決着バッチコイ。負けるとすれば差し馬だろうが、それでも連を外すことは考えにくい。このメンバーではかなり実績が抜けていると思うし、この馬を外した馬券なんて買えるわけない、それくらい堅いと思うんだが…

◎ダイワメジャー
○カンパニー
▲スズカフェニックス、
△キングストレイル、マイネルシーガル、ジョリーダンス

◎-○▲は馬連、◎-△は馬単で。あと△3頭はいずれも関東馬なので、輸送で馬体重がおかしくなってるようなら問答無用で切ります。個人的に面白いと思っているのはジョリーダンス、これは人気がない割に条件ピッタリ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する