このブログは何年続くのかな…
今日は種牡馬分析・反省会はお休み。連続で書いてても飽きるんで。その代わりにオークスの見解を書いてみます。せっかく種牡馬分析をやっているので、血統の話を重視してみましょう。

まずオークスの展開を考えてみる。去年は暴走逃げ馬のせいでハイペースになったが、今年は元に戻ってのスローが濃厚。前に行って脚を溜め、キレる脚を使える馬が有利。有利なのはヨーロッパ系・日本系の先行馬、ダメなのがアメリカ系と追い込み馬。では簡単に1頭づつ。

スマートストーム…アグネスタキオン×Storm Bird
Bold Rulerのクロスもあってバリバリのアメリカ系スピード馬。キレがないので無理。

ローブデコルテ…Cozzene×Seeking the Gold
父は日本向きだが、母父のアメリカ系が強すぎ。キレはないしハイペースじゃないと無理。。

マイネルーチェ…スペシャルウィーク×サッカーボーイ
母母父がHyperion持ちで、一応Hyperion配合。適性はある方。

ハロースピード…マヤノトップガン×Secretariat
父方がHyperion配合なのに対し、母方がアメリカ血統。血統に一貫性がなく「ソコソコ」の可能性大。

ミンティエアー…アグネスタキオン×Deputy Minister
Bold Rulerのクロスもあってバリバリのアメリカ系スピード馬。キレがないので無理。

ミルクトーレル…ダンスインザダーク×Phone Trick
これもバリバリのアメリカ配合。キレが皆無で厳しい。

ベッラレイア…ナリタトップロード×Baldski
これもアメリカ配合。Nijinskyのスタミナは府中向きだがキレがない。スローで追い込みでは厳しい。

ピンクカメオ…フレンチデピュティ×Silver Hawk
バリバリのアメリカ配合。ハイペースの短距離向き、スローの2400mは全く向きそうにない。

レインダンス…ダンスインザダーク×Bob Back
Hail to Reasonのクロスで多少は日本向きになっているか。それでもHyperion皆無ではスロー向きではなさげ。

トウカイオスカー…トウカイテイオー×リアルシャダイ
これはヨーロッパ系。母父にHyperionもあるし舞台は向く。ただ血統が古くスピード不足の懸念もある。

カタマチボタン…ダンスインザダーク×Caerleon
Nijinskyのクロスによって府中向きのスタミナは確保している。先行も向くが、キレがなく勝ちきれない可能性大。

ラブカーナ…オース×Caerleon
全体的にはヨーロッパの影響が強いが、Nothern Dancerのクロスもあってバランスが悪い。強調材料なし。

ウィンナワルツ…アグネスタキオン×Nijinsky
母父がアメリカの影響強すぎ。キレ不足でスローでは不要。

ラストベガ…アドマイヤベガ×スズカコバン
アドマイヤベガに全くHyperionを持たない母馬を付けても良さが出ない。スローでは無理。

アマノチェリーラン…デザートキング×Mtoto
ヨーロッパ配合。ただスピード血統が皆無でヨーロッパに寄り過ぎ、もう少し日本向きの血がないと。

アドマイヤスペース…アドマイヤコジーン×トニービン
ん…これはいいんじゃないか?日本向きの血統を凝縮させたタイプで最も適性がありそう。

ザリーン…メイショウオウドウ×Caerleon
母父がアメリカの影響強すぎ。キレ不足でスローでは不要。

ザレマ…ダンスインザダーク×Zafonic
バリバリのアメリカ配合。前に行って粘る分にはいいがスローではキレが足りずに差されそう。ヒモなら。

なんだかマトモな馬がいませんな。でもアドマイヤスペースはかなり面白い。先行馬だし、鞍上は溜め逃げの名手・ヨシトミ先生。カッチーがクラシック勝つなら、ヨシトミ先生が勝ってもおかしくないんじゃない?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dynamite.blog10.fc2.com/tb.php/673-eccd978b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック