このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
POG的見解です。予告通り、2006-07年度の回顧はこの週で終了となります。

プリンシパルS。まずはラップを。

プリンシパルS・ラップ分析
年度勝ち馬勝ち時計ラップ
2007年(良)ゴールデンダリア1.59.636.1-60.3-59.3-34.6
2006年(良)ヴィクトリーラン2.00.235.3-60.0-60.2-35.5
2005年(良)エイシンニーザン2.01.236.7-62.2-59.0-34.4
2004年(良)ピサノクウカイ2.00.236.3-61.0-59.2-34.1
2003年(良)マイネルソロモン2.01.236.2-61.5-59.7-34.9


勝ち時計は過去5年で最速、これは一定の評価をしても良い。しかし問題はそのラップ構成。ダービーで要求されるのはタフなレースでの持続力であり、上がり5Fが【60.0-35.5】のような厳しいレースとなる。しかし今回のラップは【59.3-34.6】という上がりの競馬。ダービーで要求されるレース内容とは異なっており、直結はしないだろう

ゴールデンダリア(1着)は完勝。上がり2位での好時計勝ち、内容は良い。しかしダービーで走るかと言われると話は別。この馬は過去5戦がいずれも後傾ラップの競馬であり、厳しいレースをしたことがない。このトライアルでも軽い質のレースしか経験できなかったし、本番では厳しいだろう。ただこの馬は能力が高いので、ダービーの次走で狙うのが正解プラテアード(2着)は連闘でよく走ったが、内容としては力負け。ダービーも厳しい。

京都新聞杯。こちらもラップを。

京都新聞杯・ラップ分析
年度勝ち馬勝ち時計ラップ
2007年(良)タスカータソルテ2.13.535.3-60.5-60.1-35.3
2006年(良)トーホウアラン2.14.837.2-62.8-58.8-33.5
2005年(稍)インティライミ2.13.035.8-60.2-60.3-36.3
2004年(良)ハーツクライ2.11.935.5-59.7-59.4-34.5
2003年(良)マーブルチーフ2.15.435.7-61.1-60.8-34.9
2002年(良)ファストタテヤマ2.12.535.6-60.0-59.6-35.3


勝ち時計は過去6年で4番目と平凡。しかし【35.3-60.5-35.3】という平均ラップを刻んでいる点には好感が持てる。芝2200mという長めの距離で厳しい競馬をした経験は、ダービーに直結しやすいはず。現に、過去5年で唯一平均ラップとなった2005年の勝ち馬・インティライミはダービーでも2着に粘っている。この組からダービーに出走する馬は穴馬の域を出ないだろうが、少なくともプリンシパルS組よりは可能性がある。

タスカータソルテ(1着)は平均~前傾ラップで実績を残してきた馬だけに、速いペースで流れてくれたことが幸いした。この馬は気性面とレース運びに課題が残るが、能力が高いことは間違いないので、ダービーでも展開ひとつでチャンスはあると見る。血統も父ジャングルポケットと、東京コースに変わることはプラスに出そう。

NHKマイルカップ。これは雨の重馬場という特殊馬場だけに、参考外の一戦。分析するだけムダですな。

さて、今年も47週に渡って書いてきたPOG的見解ですが、今週をもって終了となります。「オースミダイドウは朝日杯では勝てない」(結果3着)だの、「アドマイヤオーラは皐月賞向きではない」(結果4着)だの、強い勝ち方をした馬をバッサバッサ切って好き放題に書いてきました。皆さんにおいては、PO馬を酷評されたことも多いと思いますが、辛抱強く見ていただいたことを感謝して、締めの言葉と替えさせていただきます。

ってどこの結婚式の祝辞だw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
両方ともPOなんですが…(汗)
2007/05/08(火) 23:54 | URL | まっしー@超多忙 #-[ 編集]
お疲れ様でした。
不特定多数相手に明確な評価をする事は
色々な圧力もあり、大変だったと思います。
また何かの形で「大生節」を聞かせて頂きたく。
2007/05/09(水) 12:15 | URL | 家鴨 #-[ 編集]
どうもお疲れ様でした。
色々と参考になりました。
あくまでPOG選択馬であって、自分の馬ではないわけですから、いや、仮に自分の馬であったとしても、批評は、個人の自由なわけですし、それを叩くのは筋違いだと私、思っております。
これからも、のぞきにきますね。
2007/05/10(木) 23:04 | URL | ゆきねい #-[ 編集]
>まっしーさん、コメントどもです。
まっしーさんの指名馬をあまり高評価しないのは、ただの偶然ですよ。ていうか、まっしーさんの馬は見た目すごーく強いんですよ。みんなが高評価するような強さ。だけど私の場合、ただ単に「強いっす」とか書いてもつまんないし、どうしても「強いんだけど、こういう穴もある」っていう書き方が多くなっちゃいます。ダイドウもオーラも、強さは十分感じてますよ。

>家鴨さん、コメントどもです。
「大生節」は、このブログをやる限りは出まくりだと思いますw 競馬については、これまでのようなデータ重視の予想とかはできませんけど、POGのこととかも書きますし、予想もするつもりです。要は「客観的な分析」から「主観的な分析」に変わるということです。

>ゆきねいさん、コメントどもです。
そうですね、批評は個人の自由だと私も思います。ただ、その批評で気分を害する人がいるのも分かります。自分の書きたいように書くか、それとも他人の気持ちを優先するか、というところで、私は後者を選びました。余計なことを書かなきゃ誰も傷つかないですしね。
2007/05/10(木) 23:55 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dynamite.blog10.fc2.com/tb.php/666-d9b4e678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。