このブログは何年続くのかな…
日曜日の予想です。本来なら中京3週目ということで、ローカル芝1200mでガツンと賭けたいところなんですが、今日の馬場見るとバイアスがよく分からない。今日の中京芝1200mの2鞍は外枠が上位独占だったが、内側の馬場はそんなに悪くないので、内枠の馬がいつ上位に来てもおかしくない状態。これじゃガツンと行けんがな…ということで今週は3歳戦をメインに。今に始まったことじゃないけど。

中山11R・スプリングS(3歳限定戦)
◎フェラーリピサ
○シベリアンバード
▲フライングアップル

今回はちょっと趣向を変えた予想をしてみる。皐月賞トライアルということを念頭に置いて「絶対に3着に入らないと権利を取れない馬」を軸に据えてみたい。だって1~3着までが全馬権利持ちの馬って考えにくいんだもの。

ちょっと話は逸れるが、私は結構「バランス」というものを考えて予想するようにしている。例えば枠順。内ばっかり・外ばっかりで決まったりすることは滅多にない。大体は内2頭・外1頭という風に「バランス」を取って決まったりするもんだ。他には血統なんかもそう。ND・ターントゥ2強の馬場が出来上がっていたとして、ND3頭(もしくはターントゥ3頭)で上位独占、ということはあまりない。ND2頭・ターントゥ1頭なんかで決まったりすることが大概である。こういう「バランス」は大事じゃないかと思うわけです。そしてその「バランス」が崩れた時こそが…そう「バイアス」が発生してるということですな。そして「バイアス」がない時こそバランス重視。今回、このバランスを考えるべきは「1~3着までが全馬権利持ちの馬にはならない」という点ではないかと思うわけです。

話を戻そう。サンツェッペリン・マイネルシーガルの「何もしなくても皐月賞に出れる2頭」は無印で行く。2着までに入る必要がまるでないし、もし2着に来たところでどちらか一方しか来ない。どちらもすっ飛ぶ可能性も十分にある。しかもどっちも人気馬。だったら他の馬から馬連ワイドを買う方がリーズナブルである。では賞金微妙な▲フライングアップルはどうか。これはさすがに3着は欲しいところだろうしヒモが妥当。しかもPOG的見解で「2~5着のレンジで安定する」と書いてある。馬単の相手・3連複のヒモに回したい。そうなると買えるのは◎フェラーリピサ・○シベリアンバードの2頭しか残らん。どっちかは2着に来るでしょ。Fアップルと合わせて、3頭中2頭が走ればOK。

ちなみにフリオーソは血統が合っていないし(今の中山はNDかナスルーラがないとキツイ)、エーシンピーシーはどう見ても府中しか走れない血統、ショウワモダンは前走がぬるいレースで買えない、スズカライアンは前走恵まれすぎで買いにくい。この辺の怪しい能力落ちは力が拮抗しすぎてて正直ワカラン。だったら◎○▲のワイドに張っておきたい。

買い目は◎○▲の馬連・ワイドBOX。これで何かしら当たるでしょ。

日曜はこの1鞍だけ。阪神さわらび賞は堅い決着がミエミエで手が出ない。他に手を出したいと思うレースがないし、これだったら5号機の設定5・6でも擦ってのんびりと過ごそう。打てればの話だけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dynamite.blog10.fc2.com/tb.php/620-76935bd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック