このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大変遅くなりましたがPOG的見解です。最近、スロの新装が多いので会社帰りに頑張っちゃうんだよね~。んで帰ってきたらヨメさんがPCの部屋でもう寝てるし…という言い訳を交えつつ分析スタート。

例によって新馬・未勝利はスキップ。500万下から見ていこう。まずは中山。黄菊賞・芝1600mは平凡。現在の中山は時計が速いのだが、今回の勝ちタイム1.34.7は去年の同レース(タイム1.34.6、勝ち馬:マイネルスケルツィ)よりも遅い。開幕週のきんせんか賞がレースレコードだったことを考えると物足りないと言えよう。ラップも道中が緩んだ前有利の流れ、これで前残り決着なので特に強調もできず。平場・ダート1800mも平凡。今の中山ダートは力が要る馬場なのか、大型馬が走りやすい状況になっている。1・2着馬は共に500kg超の大型馬、馬場のアドバンテージがあったと考えられ強調できない。平場・芝1200mも平凡。タイムは例年並みで強調できないし、逃げ馬が残ってしまっており内容的にもイマイチ。

続いて阪神。平場・ダート1200mは平凡。タイム1.12.7は同週の未勝利戦と0.3秒しか変わらない。平場・ダート1800mも平凡。ドスローの前残りと内容が悪い。平場・芝1800mは上々。同条件のレースが少ないのでタイム比較は難しいが、クレスコワールド(1着)の使った33.6という脚は秀逸。道中は全て12.5以下のラップ、決して遅くない流れで33秒台中盤の脚を使えるのは能力の証。これは高評価しておこう雪割草特別・芝1400mは平凡。これだけ馬場のいい阪神で、1.22.3はいかにも遅い。ラスト1ハロンが止まりすぎ、本来なら差しが決まる展開。

続いて中京。フリージア賞・芝2000mは平凡。レースレコードではあるが【34.1-35.8】のハイペースの恩恵を受けているのでアテにならない。前走3着以内に入った馬がいないという低レベルメンバー、目だった馬もおらず。

チューリップ賞。今年はレースレコードだったが、新装阪神の馬場は非常に良く、レコードが出やすい状況にあった。よってレースレベルを図るため、開幕週のアーリントンカップと比較してみよう。

アーリントンC・チューリップ賞比較
年度アーリントンC勝ち馬勝ち時計チューリップ賞勝ち馬勝ち時計
2007トーセンキャプテン1.33.9ウオッカ1.33.7
2006ステキシンスケクン1.34.7アドマイヤキッス1.36.5(降雨)
2005ビッグプラネット1.34.3エイシンテンダー1.35.3
2004シーキングザダイヤ1.35.8スイープトウショウ1.35.5
2003ウインクリューガー1.36.8(重)オースミハルカ1.35.9(稍)


普通に考えれば、『開幕週』『牡牝混合戦』であるアーリントンCの方が、『2週目』『牝馬限定戦』のチューリップ賞よりも時計は速くなるはず。しかし今年はそのアーリントンCを0.2秒上回った。過去5年を見て、チューリップ賞>アーリントンC(良馬場条件)だったのは04年のスイープトウショウがおり、今年の勝ち馬はスイープトウショウクラスにあるかも。素直に高レベルレースでいいだろうウオッカ(1着)はこれで5戦連続で上がり最速。しかも前傾ラップ・後傾ラップどちらでも強烈な末脚を披露しており、古馬のような安定感がある。よほどのことが無い限り、桜花賞も持っていくだろう。ダイワスカーレット(2着)も3着馬を6馬身突き放してのレコードタイム更新。この馬も相当強いのだが、阪神ではどうしても高速上がり・チョイ差しが出来るウオッカの方が有利。だが逆に言えば、展開ひとつで逆転できる可能性は秘めている。本番も小細工せずに力勝負を挑んで欲しい。レインダンス(3着)は上位2頭が先行馬を潰すという展開が向いた。インピッタリを回ってコースロスもなく、漁夫の利の3着という印象。本番では用なし。アロープラネット(4着)は先行して頑張っている。能力はあるが相手は強かった、自己条件なら格上だろう。ローブデコルテ(5着)は最後に止まった。脚を持続できておらず、マイルは長い。1400mのミドル~ハイペースベター。

弥生賞。まずはラップを見ておこう。

弥生賞・ラップ分析
年度勝ち馬勝ち時計ラップ前5F-後5F
2007(良)アドマイヤオーラ2.00.534.5-59.8-35.259.8-60.7
2006(良)アドマイヤムーン2.01.536.2-61.2-35.661.2-60.3
2005(良)ディープインパクト2.02.237.4-62.2-34.962.2-60.0
2004(良)コスモバルク2.00.536.5-60.9-34.860.9-59.6
2003(良)エイシンチャンプ2.02.335.4-59.7-37.959.7-62.6


勝ちタイム2.00.5は過去5年で最速タイ。ただラップの内容としては微妙。通常、2000mで平均ペースといったら平均して1ハロン12.0秒ペースになる(120秒/10ハロンだから)。もっとわかりやすく書くと、普通は【35.8-60.0-35.8】くらいになるもんである(テンとラストは速いから)。ところが今年のラップは【34.5-59.8-35.2】。テンが異常に速く、その割にラスト3Fも速い。これはどういうことか…つまり中盤が緩みまくってるんですな。もっと細かいラップを出すと【12.3-10.6-11.6-12.8-12.5-12.6-12.9-11.8-11.7-11.7】。前3F・後3Fを除くと見事にスロー。ていうか前傾ラップに見せかけてスローなんて詐欺だろ(笑)。このヘンテコなラップによってどうなるか。先行馬は前半のムリが祟って後半失速し、差し馬は道中スローのため脚を貯めることができて上位独占となった。

アドマイヤオーラ(1着)はこのヘンテコな流れを5番手追走、上がり2位でまとめての勝利。ただこの馬の場合、結局ラスト3Fの競馬しかやってこなかったのは非常に気になる。例年、皐月賞は上がり4F~5Fの競馬になるので、全く違った競馬をすることになるはずで、その対応力は…あったりするのかな、良血だし(笑)。まあ本番は多少毛色の違った流れになるはずで、これをどう捉えるかで予想が変わるだろう。個人的にはあまり評価したくない、今までと同じ競馬だし。ココナッツパンチ(2着)は差し有利の流れを剛脚で突っ込んで2着。ただこちらも厳しい流れを経験しておらず、Aオーラ同様、皐月賞ではあまり評価は上げたくないドリームジャーニー(3着)は差し有利の流れだったのに上がり3位と平凡。確かに寄られる不利はあったが、多頭数混戦ならこんなことは当たり前。寄られるほど余裕がなかったと見た方がいいかも。今までの見立て通り、マイル以下のハイペースベター。メイショウレガーロ(4着)は展開向いて4着止まり、しかも内々でコースロスなく乗ってのもの。上位とは差がある。サムライタイガース(5着)は先行勢で唯一粘っているのは評価したい。決め手のなさをカバーできる条件で狙いたい。タスカータソルテ(7着)は4角で大きく膨らんだ。器用さがなく中山はムリ。東京・京都で狙いたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
弥生賞の評価ですが、チューリップ賞みたいに他のレースと比較して分析すると
どうなるのか知りたいですね。
過去5年で最速(しかもコスモバルクの時のようなインチキ馬場ではない)
のレースについて、実質スローでうんぬんといわれても、全く説得力がないんですが、
その辺はどうよ?
多分馬の好き嫌いは人それぞれあると思うけど、現実から目をそらして不当な評価を続けるのは、
アドマイヤオーラを持ってるまっしーさんにも失礼なのでは?
2007/03/09(金) 07:26 | URL | CIA‐NON@ダークサイド #-[ 編集]
未勝利のヤマカツブライアン無視かよwwww笑える回顧ですねwww
2007/03/09(金) 11:11 | URL | ROM人 #-[ 編集]
初めまして。

こちらのサイトの記事を私の所で
紹介させてもらいましたので
ご連絡させていただきます。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/lucky_keiba/archives/52914380.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
2007/03/09(金) 11:12 | URL | 競馬あれこれ #-[ 編集]
なんかコメント読んでいて思ったことを。
今の新馬戦未勝利戦、特に未勝利戦は勝ち抜け戦のレベル低いレース多い。すべて触れてたら、回顧「レベル低い」「平凡」の繰り返しでっせ。まして今からでは少なくとも皐月賞桜花賞には滑り込めません。500万のレースにでれば回顧の対象になるし、気になればどう思いますかと聞けばいいわけで、ちょっと……
大生さんヤマカツはどういう評価になりますか
2007/03/09(金) 23:28 | URL | ひとり足 #-[ 編集]
>ROM人さん
新馬?未勝利組は今からではクラシックに間に合わないだろうから
(時間もないので)チェック対象から外しているとのことなので、
それはそれでしょうがないのでは?

評価が聞きたいなら普通に聞いてはどうかと思いますが。

>管理人殿
今読み返してみると、確かに道中のラップが緩みすぎというのは
もっともかと思います。
ただ、全体時計がクソクソの純粋上がり勝負ではないので、
今までと同じ競馬だった、とくくるのには違和感を感じるんですよね~。
2007/03/09(金) 23:36 | URL | CIA‐NON@携帯 #-[ 編集]
CIAさん、どもです。

>弥生賞の評価ですが、チューリップ賞みたいに他のレースと比較して分析するとどうなるのか知りたいですね。

一応私はPOG的見解やる前にいろんな比較しましたが、弥生賞のラップが珍しすぎて比較対照がありませんでした(強いてあげればイシノサンデーが勝った皐月賞が似てるかも)。私には比較分析できなかったので、CIAさんやってみてください。それをもって論議しましょう。それに、知りたければ自分で調べたほうがいいのでは?

>過去5年で最速(しかもコスモバルクの時のようなインチキ馬場ではない)のレースについて、実質スローでうんぬんといわれても、全く説得力がないんですが、その辺はどうよ?

最速なのは確かですし、それは重々承知しています。NHKマイルに行ったらいい勝負するんだろうな~とも思います。ただローテは確実に皐月賞-ダービーであり、その皐月賞で通用するラップパターンとは異なっていそうなので、皐月賞では評価はあまり上げたくない、としてあります。次走がNHKマイルなら、力いっぱい高評価しますけどね。

>多分馬の好き嫌いは人それぞれあると思うけど、現実から目をそらして不当な評価を続けるのは、アドマイヤオーラを持ってるまっしーさんにも失礼なのでは?

現実から目をそらして、というのはどの点のことですか?あと「○○さんが持ってるから高評価しろ」とか「◎◎さんの馬だから高評価しないと失礼」とか、そういった政治的な何かを私に要求しないでください。やるならご自分でブログやるなり、掲示板に書くなりして、政治力を存分に発揮してください(笑)

確かに、私は弥生賞の予想で見込み違いをして、アドマイヤオーラが思ったより強くて勝ちきられてしまいました、それは事実です。予想以上にアドマイヤオーラはしっかり走っていて驚きましたし、私の過小評価だったと思います、すみませんでしたm(_ _)m ただ、だからといって「不当な評価を続けるのはおかしい(=高評価しろ)」というのはどうなんでしょうね。好時計勝ちだったら高評価しないといけないんですか?だったら丹下ナントカさんや、柏木ナニガシさんのありがたいお言葉でも聞いていれば事足りるのではないでしょうか。私のコメントなんて見る必要ありませんよ、あの方々に比べれば格段に見識も、それに競馬に対する情熱も落ちますし。
2007/03/09(金) 23:40 | URL | 大生@ダークダックス #-[ 編集]

>ROM人さん、コメントどもです&ひとり足さん、フォローありがとです。
ヤマカツブライアンですか、楽勝でしたね。POですか?だったらおめでとうございます。今の未勝利戦にしてはメンバー揃っていましたが、それをぶっちぎっての圧勝。スピード能力は優に500万クラスはあると思います。ただひとり足さん・CIAさんのおっしゃるように、新馬・未勝利戦の勝ち馬はについては、ここからPOGの最終目標であるG1シーズンには届かない可能性が高いので、現在はコメントを割愛させてもらっています。また500万下で好走したらコメント載せさせて頂きます。

>競馬あれこれさん、ご紹介ありがとうございます。
ちょっと覗かせて頂きましたが、こちらとは毛色の違う感じのブログですね(競馬あれこれさんは情報系、こちらはグダグダ系w)。お互い頑張って更新していきましょう。
2007/03/09(金) 23:46 | URL | 大生 #-[ 編集]
そうだったのか・・・
だからジークムンドのコメントなかったんですね。
いやね、大生さんなら好評価する馬だろうなーと思ってたんです。
だからどうだということもないですけど。

2007/03/10(土) 08:03 | URL | es #z8Ev11P6[ 編集]
>esさんコメントどもです。
ジークムントも強い内容でしたね。ただバクシンオー産駒ということもあって、やっぱり期間内の活躍はどうしても限られてしまいますね。

それと話が戻りますが、弥生賞のレーティング出てましたね。[107.50]でした。同タイムでインチキ馬場(だった?)とされる2004年が[108.75]ですから、同タイムであっても2007年の方がやっぱり評価が低いですな。これをどう見るかは皆さんにおまかせします。


2007/03/12(月) 23:51 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dynamite.blog10.fc2.com/tb.php/612-cea41226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。