このブログは何年続くのかな…
POG的見解です。今週はすみれS・アーリントンCがありましたがどちらも普通の内容。POG指名馬もあんまり出てなかったし、興味の湧かない週になりました。まあ私の場合、指名馬がオープンに全く出ないので、興味が湧かないのはいつものことですけど。

では500万下、まずは中山から。平場ダート1200mは不良馬場で参考にならず。平場ダート1800mは平凡、平均ラップのぬるい逃げ切りでは評価できない。きんせんか賞・芝1600mは微妙。好タイムではあるが、開幕週で時計の出やすい状況。しかも逃げ切りなので競馬の内容も大したことはなし。ショウナンタレント(1着)は内枠でスタートが決まっての逃げ切り。カレンナサクラ(2着)も珍しく掛からず、しかも距離ロスなしの競馬。この1・2着馬は共にベストの競馬が出来ており、次走はこれよりパフォーマンスを落とす可能性大スマートカスタム(3着)は素直に逃がせばいいのに…。前走がハイペースだっただけに、脚を溜めることが出来なかった。それでも上がり3位なのだから、内容は悪くない。水仙賞・芝2200mは平凡。スローの逃げ残りで、タイムも過去5年で3番目。エルソルダード(1着)は4角で手前を変えず、外に大きく膨れているのに勝ちきった。競馬がまだまだヘタ。そしてこのエルソルに負ける相手も大したことはなさそう。

続いて阪神500万下。平場ダート1400mは平凡。同日の未勝利戦よりも0.6秒遅い決着ではね…。平場芝1200mはタイムこそ及第点だが、競馬内容はライトグランデュア(1着)が後傾ラップのぬるい逃げ切り、これでは評価できない。

すみれS。勝ちタイム2.15.0は過去5年で最速だが、今年の阪神は馬場がいいので参考にならない。またラップは【37.0-62.4-34.3】のドスロー。先行馬と、完歩が大きい馬(馬格が大きい馬)が有利になったレース。アルナスライン(1着)は上がり最速だったが、出走馬中で最も大柄な馬でありコースが向いたといえそう。厳しい内容の競馬ではなかったし、高い評価はできない。フィニステール(2着)は先行した馬格の大きい馬。展開は最も向いた馬であり、それで勝ちきれないのではやはり平凡ということ。キレ不足気味。ベッラレイア(3着)は馬格がなく、しかも4角6番手から追い込んでの3着。展開が向いていないのに頑張っており、内容は一番マシ。ただイレ込みもあるし、馬体も-10kgだったし、走るタイミングを掴むのが難しそう。ニュービギニング(7着)は道中最後方で見所なし。単純にオープンクラスでは能力が足りていないということ。器用さはあると思うので、混戦内枠で見直してみたい。

アーリントンカップ。勝ちタイム(1.33.9)は次の日の古馬500万下(1.34.2)を0.3秒上回るだけ。重賞でこれではちょっと物足りない。しかも上位2頭は大接戦で力を出し切っての結果、本気出してこの程度か…という印象。そして前残り馬場+後傾ラップ+前残りという平凡な内容。今年は凡戦と言っていいだろうトーセンキャプテン(1着)は内枠で距離ロスなし。これで接戦なんだから力が抜けているとは思わない。ローレルゲレイロ(2着)はスローではキレ負けする馬なので、この負けは仕方ない、評価を落とす必要はない。マイネルレーニア(3着)は逃げバテ。確かに逃げは有利だと思うが、それは「溜め逃げ」に限ったことであって、「飛ばし逃げ」は大して有利ではない(最後の坂で絶対止まるし)。松岡の打った手は「飛ばし逃げ」であり、これでは勝てない。やはり鞍上が阪神初参戦というのはマイナスになったかな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dynamite.blog10.fc2.com/tb.php/606-288a96ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック