このブログは何年続くのかな…
今日は3歳戦2鞍を予想してみます。でもどっちも堅そう…

阪神11R・アーリントンカップ(3歳限定戦)
★トーセンキャプテン
★コンティネント
★マイネルレーニア
☆ローレルゲレイロ

まずは過去のレース傾向+阪神改装後の傾向を箇条書きで。

【過去5年のレース傾向】
・基本は先行絶対有利。ペースが多少速くても前が止まらない。
・前が止まらないので、他力本願型差し馬は厳しい。


【阪神改装後の傾向】
・先行絶対有利。道中8番手以降からは人気馬(1~3人気まで)しか来れない。
・広くなって実力通りに決まることが多い。人気馬有利。
・内枠有利、外枠不利。馬群がダンゴで進むために外枠馬は外を回される。



この2つの条件に共通しているのは「先行絶対有利」。前が止まらない展開だけに、差し馬は相当力がないとムリ。少々ペースが速くなっても前が残るだろう。また今回は先行馬の数が多く、前の方でダンゴになることが予想される。ならば外枠の馬は上手く内に入れないと厳しく、着順は安定しないはず。☆ローレルゲレイロは能力だけならオープン超級だが、軸には不向きではないだろうか。馬券は内枠の馬を中心に組み立てたい

内枠・先行馬が中心と考えると、候補は★トーセンキャプテン・★コンティネント。ギリギリで★マイネルレーニア。ただこの3頭、いずれも死角がありそう。トーセンは先行すると言ってもそんなにテンが速いわけではなく、内で包まれる恐れがある。Mレーニアは鞍上松岡が阪神マイル初参戦、この特殊なコースで勝ちきれるのか。コンティネントは掛かり癖があるし、2走前の同条件で最後にパタッと止まっているのが気になる。一長一短とは正にこのこと。

じゃあ内枠の穴馬はどうだ?と探してみるも、マトモに勝負になりそうな馬がいない。アロマンシェスは先行したのがスローペース時だし、前2走のレベルが低くて能力不足。アドマイヤヘッドは気性面に問題があり、思い切って先行できないのがネック。またピッチ走法で小回り向きなのも合わない。ディープスピリットはゲート難・掛かり癖ありでダメ。あとはエーシンエスヴィーのご祝儀競馬?いやいやそんなに甘くないでしょ…

ということで、人気馬が切れない上に魅力ある穴馬がおらず、このレースはケン濃厚。挙げた4頭で1~4番人気だろうしね。もし1頭でもおかしなことになってたら買ってもいいが…

中山9R・きんせんか賞(3歳限定戦)
◎スマートカスタム
○ショウナンタレント
▲マイネシャリマー
△サニーラブカフェ、フェイスザファクト

2004年からマイル戦となったが、過去3年は全て平均~前傾ラップ。今年も多頭数の開幕週だけに、そんなに楽な流れにはならないだろう。ただペースは速いのだが過去3年は圧倒的に先行有利。速めのペースで飛ばしても前が止まらず、行った行ったの競馬が多い。となるともちろん、狙いは逃げ・先行馬。そしてもちろん、前傾ラップ実績が欲しい。できれば距離ロスを避けられる内枠ベター。

以上のポイントから、最も信頼できそうなのは条件ピッタリの◎スマートカスタム。前走の紅梅Sはハイペースで遅れたが、今回はもっと楽な流れで楽に先行できる。○ショウナンタレント、内枠だし先行力もあるし、まあ普通に。▲マイネシャリマーは追いきりが軽いのが心配、ただ能力は明らかに上(高評価したこともあり)なので買う。△サニーラブカフェは先行力あり、△フェイスザファクトは前走までが明らかに距離不足、先行すれば或いは。

これまた人気馬ばっかりなので、オッズ次第ではケンするかも。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dynamite.blog10.fc2.com/tb.php/601-3ac5215c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック