このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
POG的見解です。それにしても先週の京都・芝がはかなり上がりが掛かってました。例年なら高速馬場・高速上がりがデフォルトなのに、今年は異常に上がりが掛かっている。かなり特殊な馬場状況なのは頭に入れておいた方が良いでしょう。

まず新馬・未勝利戦だが、こちらは特にピックアップしたい馬はなし。冬のダートで勝ったところでPOG期間での大活躍は望めないし…

続いて500万下。中山黒竹賞・ダート1800mは平凡。【38.1-65.4-38.6】のドスローで内容に乏しい。中山500万下・芝1200mはソコソコ。サクラゼウス(1着)のテン33.1は相当速く、評価しても良いのかもしれない。だがこれだけのハイペースにしては勝ち時計1:09.2が遅すぎ。【33.1-36.1】のラップは止まりすぎと見たい。ダノンムロー(2着)はほとんど追わずに楽々2着確保、さらに上がり最速。内枠でベストの競馬とは言え、能力は500万下では抜けている。不利がなければ間違いなく差しきっていたはず、次走確勝級京都白梅賞・芝1600mも平凡。【34.7-59.4-36.2】のハイペースで時計が出やすいはずなのに、同日の新馬戦と0.1秒差とは情けない。ブラックオリーブ(1着)は3馬身差の圧勝、余力を残しているのでまだマシ。しかし展開は向いたしメンバー弱化に助けられているだけに過大評価は禁物

紅梅S。ラップは【34.5-36.3】の後傾ラップとなり、前が総崩れの競馬。1~3着馬は全てマイルからの短縮馬だが、1・2着馬は前走で前傾ラップを経験していたのに対し、3着馬は経験してなかった。この違いがモノを言ったように思う。勝ちタイムは過去5年と比べると標準的だが、今年は異様に上がりが掛かっていることを考えればソコソコのレベルにはありそうローブデコルテ(1着)は阪神JF回顧でも「着順ほど負けていない」と書いたし、今回は実力通り。ただあまりにも勝ち方が鮮やかすぎ、ローテ・距離がベストだった感が強い。1400mのハイペースベター、マイルでは決め手不足で勝ちきれないだろう。バクシンヒロイン(2着)は短距離の差し馬だけに距離短縮が向いた。こちらも1200~1400mのハイペースベター、マイルでは決め手不足で買えない馬。ニシノマナムスメ(3着)はいかにも距離不足、それでも3着は確保したように能力はかなり高い。ベストはマイルだろうし、桜花賞馬に最も近い1頭という見立てで間違いなさそう。次走クイーンCかチューリップ賞なら頭から買ってみたい馬。

京成杯。【37.6-62.3-35.0】のドスロー。時計の掛かる京成杯で、レース上がり35.0ってのは過去5年でもダントツに速い数字であり、相当のスローペースということ。このドスローは戦前にある程度読めていたはずで、先行すればそれだけで大チャンスになったはず。なのに前に行ったのが松岡・津村の2人だけ。残りの騎手は一体何をしているのか。レースレベルは最低ランク、厳しさもへったくれもあったもんじゃない。サンツェッペリン(1着)は展開が向いたし、前走で前傾ラップの厳しい競馬を経験したのも大きかった。かなりの楽逃げが出来たし、この展開になれば勝って当然。メイショウレガーロ(2着)はこんな弱いメンバーでも不安定な競馬。能力・実績では最上位だが、掛かって追走しているし4角の反応も悪い。競馬がもっと上手くならないと安定しない。アルナスライン(3着)は上がりに限界のあるタイプ、スローは向かない。ベストは1600m~1800mのハイペース。マイネルヘンリー(4着)は展開が最高に向いても4着止まり。重賞では荷が重い。ダイレクトキャッチ(5着)は4角の反応が悪い。京都外回りか東京でハイペースベター。ローズプレステージ(10着)は能力不足。ピサノデイラニ(12着)はスタート直後から勝負を諦めたかのような騎乗。そんなんなら芝使うな!といいたい(馬券では楽勝で切れたのでウマーだが、それとこれとは別問題)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dynamite.blog10.fc2.com/tb.php/573-57ea918e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。