このブログは何年続くのかな…
ちょっと遅くなりましたがPOG的見解です。今週はクラシックに直結するといわれるラジオNIKKEI杯がありました。しかし長い名前だ、誰かいい略称を作ってくれないもんか…

ではまず新馬未勝利戦から。高評価馬は阪神未勝利芝1600mを勝ったタガノグラマラス。2番手から平均ラップを刻んで楽勝、完全に格上の勝ち方で高評価できる。掛かり気味で進めてはいるがガマンの利く程度。むしろ競馬に対して前向きなのを評価しておきたい。ミドル~ハイペース向き。

その他の馬の中から。阪神新馬芝2000mを勝ったケープポルトは能力高い。開催4日目だというのに新装阪神での2歳戦レコード。時計はラジオNIKKEI賞・エリカ賞よりも速い。ただ内容は逃げきりでイマイチ評価しにくいし、フラフラ走っており気性面に課題が残る。安定感はないかも。

続いて500万下。阪神500万下・芝1600mはなかなか良い。勝ちタイム1.34.1は2歳戦では阪神JFに次ぐタイム。クラウンプリンセス(1着)は前傾ラップになったのが良かった。この馬はキレ負けするのでマイル以下のハイペースベター。ベストは恐らく1400m~1600m、この距離限定で高評価したいダノンフローラ(2着)はハナ差だったが、-16kgと馬体細化が目立つし、テンが遅いため安定感がない。こちらは展開がハマった感があり評価はしにくい。中山500万下・ダート1200mは平凡。時計・内容ともに強調できるものはなし。中京もちのき賞・ダート1700mアルナスライン(1着)の圧勝。ただし中京ダートはまくり馬に圧倒的に有利だし、うまく展開がハマった感あり。高評価するほどでもない。

クリスマスローズS。勝ちタイムは1.08.0は5回中山の1番時計(古馬含む)。ただ今週の中山は非常に時計が速く(ディープ様のため?)、時計は信用できない。アドマイヤホクト(1着)は外枠から先行してアッサリ勝利。2番手でしっかり折り合い、上がり3位を繰り出した。力は一枚上、この馬は高評価できるサープラスシンガー(2着)はただ逃げただけで内容平凡。弱い相手向き、強い相手には崩れやすいはず。その他の馬は平凡。

ホープフルS。ラップ【34.8-58.5-37.8】の超ハイペース。前がバタバタになっており着順は展開に左右されている。あまりに特殊なラップなので各馬評価しにくい。ニュービギニング(1着)はこの前が総崩れの流れを出遅れたのが幸いしたが、快勝の内容。やはり血統は偉大だ…ただ競馬内容は大して評価できるものはなし。サンツェッペリン(2着)・コーナーストーン(3着)も同様に展開が向いている。クルサード(4着)は物足りない内容。細かったのもあるが、やはりもっと広い馬場の方が。ヒカルオオゾラ(7着)は先行集団の中では最先着。着順は悪いがあのハイペースを楽々追走しているし、力は見せている。この馬は次走要注意

ラジオNIKKEI杯2歳S。ラップ【36.6-61.4-35.2】の後傾ラップだったが、それにしても勝ちタイム2.02.1は遅い。同日の新馬戦を0.6下回るG3とは情けない…。また2週前のエリカ賞と同タイムでもあるが、エリカ賞よりも前半5Fが0.4速く、時計がより出やすい状況だったのに同タイム…内容平凡と言わざるを得ない。ただフサイチホウオー(1着)はトビが大きく雄大な走り。レースレベルは低いがこの馬だけはまだ余力タップリに見えた。やはり大物、高評価しても問題なかろう。ヴィクトリー(2着)は気性面に問題があるためか、追ってイマイチ味がない。能力はあるだろうがまだ全力を出せる状況になっていない。ナムラマース(3着)は札幌2歳Sのようなミドルペース、もしくはハイペースにならないと良さが出ない。スローではこんなもの。距離もちょっと長い。アサクサキングス(5着)はスタートで後手を踏み、今までに経験のない差しに転じたのが痛い。ただ今日の走りはいい経験になっただろう。悪くない内容。ローズプレステージ(9着)は完全な力負けで言い訳できない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dynamite.blog10.fc2.com/tb.php/556-0f2849ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック