このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の有馬記念は惜しくもハズレ。自分でも惜しいと言える馬券はあまりないが(大ハズレ多数のためw)、昨日は「惜しくもハズレ」と書いても問題なかろう。事前分析+直前分析がうまく機能していたと思う。ただやっぱり馬券は難しい。あそこまで分析していて当たらないというのはショックありあり。今年も収支はマイナスで終了。回収率94%くらいなのでもう少し努力すれば…とも思うが、今のままでは確実に勝てるという感じになってこない。負け続けるギャンブルをやり続けられるほど経済状況は良くないので、そろそろ競馬ライフに対して進退を考える時期に来ているようです。

それはそれとして。今日はディープインパクト引退の話を少ししてみよう。今日、会社に行ったところ、複数の同僚+上司から「ディープはなぜ余力があるのに引退するの?」と聞かれた。有馬記念であれだけ強い競馬をしておいて、なぜ引退する必要があるのかと。私なんかはあまり疑問に思わなかったが、競馬マニア以外は不思議に思うんでしょうな。確かに一般人なら9割の人が「ディープ現役続行」を支持するでしょう。競馬マニア・馬主なら9割が「ディープ現役引退」を選択するだろうけど。そこで今日は「ディープの引退は常識的にどうなんだ」について少し触れてみます。ここを覗いてくれている人は、競馬マニアばっかりでもないしね。

ディープインパクトはなぜ引退するか。それは

「現役続行することによるマイナス面が、プラス面を上回ったから」

と言える。ディープの現役続行によって、今以上に得られるものは何だろうか。まず金銭面を考えてみる。

<金銭面の比較>
現役続行…G1を6勝したとしても約10億円
現役引退…種付け料1,200万×150回=18億円


これはもう現役引退の方が遥かに上回る。しかし現役続行すれば「名声」がさらに上がり、未来の種付け料も上がるかもしれない。だから現役続行の選択もなくはない。ではこの「名声」をさらに上げるにはどうしたら良いか。

<更なる名声を得るためには>
・凱旋門賞(もしくはキングジョージ)を制覇する


実はこれだけしか「名声」を上げる手段はない。今さら天皇賞や有馬記念を勝ってもディープの価値は上がるわけがないし、さらに高みを目指すなら今年勝てなかった海外G1制覇しか有り得ない(ダートG1を勝つというテもあるが、こっちは現実的ではない)。しかもこの「名声」を得る手段には多大なリスクがある。

<現役続行によるリスク>
・負けるリスク
・金銭的なリスク(海外遠征にはお金がかかる)
・故障するリスク


ディープはほぼカンペキな戦績だから種牡馬としての価値が高い。しかし来年になって能力が落ち、国内でコロッと負けたら価値が落ちる。また海外遠征にはお金もかかるし、故障する危険性も当然ある。色んな面でリスクが大きい。

これらのプラス面・マイナス面を天秤にかけると、どうやったって引退という結論になる。確かにディープの走りは非常に魅力的だし、またディープの走りを見たいという人も大勢いるだろう。しかしサラブレッドは悲しいかな経済動物であり、その価値が上下するもの。価値が天井近くまで上がってしまえば、そこで手仕舞いするのは当たり前の行動である。スポーツ選手の引退とは事情が全く違うということは理解しないといけない。金子真人オーナーに対して「ワンマンオーナーの決断」と言った人がいるらしいが、それはあまりに失礼な話。オーナーだってまだディープの走りを見ていたいと思う1人だろう。しかしいずれディープも引退する時が来るし、その時期を見誤るわけにはいかなかっただろう。ディープ引退は当たり前の決断だが、勇気ある決断だったと私は思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ほとんど競馬ファンにとっては常識という話なんで異論はないのですが凱旋門、キングジョージよりもラクに名声を上げる手が一つ。BCターフを勝つがありますね。
ちなみに調教助手のコメントだとカネヒキリと比べ物にならないくらいダートは走るらしいです。
負け覚悟でDWC使うのも面白かったかもw
2006/12/25(月) 23:49 | URL | #-[ 編集]
>名無しさんコメントどもですー、つーかレス早っw
確かにDWC出走は見たかったです。シングスピール・ドバイミレニアム・エレクトロ急所ニストなんか見てれば芝馬でも余裕で走れそうな馬場ですしね。コレ使ってからでも種牡馬生活には間に合うし(まあ種付け解禁の2月上旬はムリでしょうが)。そういう進言があっても面白かったですよね。
2006/12/25(月) 23:57 | URL | 大生 #-[ 編集]
別にクリスマスイブとか本番とか暇だったからって書き込んでいるわけじゃないからねっ。
2006/12/26(火) 17:51 | URL | #-[ 編集]
ドバイのダートは日本の砂とは別物ですね。今年のドバイでNさんがカネヒキリとハットトリックの出るレース入れ替えたらお互いもっと好走したのではと言ってましたけど、確かにそのとおりかも。
ダートはスピード、芝はパワーが必要なレースで、カネヒキリはスピード負けしてましたから。

さて、大生さんの馬券ライフについてハッキリと言わせてもらいますが、理詰めで小点数3連単的中を目論むスタンスそのものが間違っていると思います。
レースには様々な要素が相対的に関わり合う上に紛れも生じるもの。それを理詰めで取れたらそりゃ気分良いでしょうけど、全てを読みきろうだなんて無理ですよ。細かく分析すればするほど、僅かな読み違いが予想に大きなズレを呼びますから。
ギャンブルを楽しむなら3連単を買い続けるのに異論はございませんが、収支を気にするなら3連単は買う物ではありません。
少なくとも小点数でプラスに出来るほど3連単は甘い物ではないと思います。

私は現場派から在宅派に転換した今年、予想スタイルの根本的な見直しを迫られました。
おかげで前半さっぱりだったので8万弱の赤字に終わりましたが、1年間の試行錯誤で、何とか物にはなりましたよ。

さて、来年は大生さんの分岐点ですね。
競馬継続か、影さん見たく引退しパチスロ一本か。
2006/12/27(水) 23:18 | URL | コウ #-[ 編集]
もし僕がJRAのおえらいさんだったら、ディープ現役続行募金を募るかな。一口¥10000でも10億くらいは集まるじゃないかな?そのコストがどれくらいかは、まったくわからないけど。そらやれば、金子さんも心変わりしたかも。武さんと池江さんは最低100口はいけるでしょ!
2006/12/28(木) 09:36 | URL | BUSH #-[ 編集]
>名無しさん、レスどもです。
ただ、正しくは「べっ、別に~」ではないかとw

>コウさん、コメントありがとです。
来年の馬券ライフについては今年中(もしくは新年一発目)に別エントリーで書く予定ですが、コウさんおっしゃる通り、3連単は極力買わないようにするのが正解だろうと考えています。そう思っていても買っちゃうんですが(笑)、そこをしっかりとブレーキかけつつやらないといけませんね。

>BUSHさん、コメントどもです。
ディープ募金ですか~、なるほどそれは新しいかも。その集めた金はモチロン、我々に還元…されるわけないか…。




2006/12/29(金) 01:48 | URL | 大生 #-[ 編集]
大生さん、おつでした。
私は3連単を、今年諦めました。比較的ばらまき目(30点程度)のスタイルなんですが、うまくいきませんでした。安定したリターンがなく、負けが続くと、かなりの金額が溶けていき、精神衛生上よろしくなかったです。
予想スタイルにあう買い方の追求は、本当に難しいので。
なにはともあれ、来年もよろしうに。
2006/12/29(金) 16:02 | URL | じゃば #-[ 編集]
>じゃばさん、コメントありがとうございます。
確かに安定したリターンがないと精神的にキツイ、それは私も同じです。2006年の場合、札幌芝1500mでドカンと一発当たったのでまだマシだったのですが、あれがなければ回収率大幅マイナスは確実でしたし。さすがに2006年スタイルのままでは絶対に上手くいかないと思ってますので、何らかの対処法は必要と考えています。

2007年もよろしくお願いします。たまには府中に行きましょう!
2007/01/01(月) 13:00 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dynamite.blog10.fc2.com/tb.php/555-1a3ce290
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。