このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有馬記念総力特集(4)です。続いては3歳勢3頭、ドリームパスポート・メイショウサムソン・アドマイヤメインをまとめてやっつけてしまおう。この3頭は展開・距離次第で着順がひっくり返る可能性があり、しっかりと適性を見極める必要がある。3頭まとめて同じ評価にしておけば一番手堅いかもしれないが、ディープ様を買うのにそんないっぱい買えないでしょ。買い目はしっかり絞ろう。

ではまず3頭の歩んできた軌跡を表にまとめておいて、これを基に各馬を分析してみる。

3歳勢3頭の戦績分析
レース名勝ち時計ラップMサムソンDパスポートAメイン
萩S1.49.136.6-62.3-34.44着(3-3)2着(8-8)-
きさらぎ賞1.47.435.3-60.0-34.92着(2-2)1着(11-8)5着(8-3)
スプリングS1.48.936.9-60.3-36.41着(3-3-2-2)3着(14-14-12-10)-
毎日杯2.00.535.6-60.0-35.9--1着(1-1-1-1)
皐月賞1.59.935.6-60.0-35.71着(6-5-4-3)2着(9-8-6-9)-
青葉賞2.25.335.7-60.4-35.3--1着(1-1-1-1)
ダービー2.27.937.4-62.5-35.31着(5-5-3-3)3着(15-15-13-12)2着(1-1-1-1)
神戸新聞杯1.58.134.3-59.1-35.42着(3-4-4-4)1着(5-6-8-6)7着(3-3-3-3)
菊花賞3.02.735.4-58.7-35.64着(4-4-4-2)2着(6-6-6-7)3着(1-1-1-1)
JC2.25.137.0-61.1-34.36着(6-6-6-4)2着(5-4-5-4)-

まずメイショウサムソン。最先着は3回あり、そのうち中山で2勝(スプリングS・皐月賞)。そしてこの2回はともに平均ラップ。消耗戦であれば浮上する、という見立ては間違ってはいまい。しかしサムソンには1つ大きな不安点がある。それは驚くなかれ「本当に世代で1番強いのか?」という点。2冠馬を捕まえて「強いか弱いか」と言い出すのもメチャクチャなように見えるが、実はそうでもなさそうなのだ。考えてもみて欲しい。サムソンはドリパスに対して3勝5敗と負け越している。そしてその内訳が面白い。

3歳春まで…●●○○○
3歳秋以降…●●●


同じ世代の馬がずっと勝負をしていく場合、普通は●●●●●●●●、もしくは●●●●○○○○(当然その逆もアリ)となりそうなものだ。このように交互になるパターンは珍しいはず。この「交互状態」となったのには何か理由がある、と勘ぐるべきである。

単刀直入に書こう。サムソンの3連勝、実は全てトラックバイアスがサムソン寄りになっているのだ。

スプリングS…内荒れ・前残り。サムソンは馬場の良い三分どころ、ドリパスは荒れた内を走った。
皐月賞…内伸び・前残り。サムソンは前に位置し、ドリパスは後方に位置した。
ダービー…内伸び・前残り。サムソンは伸びる最内、ドリパスは伸びない馬場の中ほどを通った。


3歳春のサムソンはドリパスに対して常に馬場と展開によるアドバンテージを持っていた。それでも僅差の勝負になっており、実際はドリパスの方が強い競馬をしていると言える。そして秋3戦はドリパスが全て最先着。このように馬場と展開が向かなければ、サムソンが●●●●●●●●となった可能性まであるのだ。競馬である以上、展開によるアドバンテージがあるのは当然だが、競馬内容だけを見ると決して強いとは言えないのである。

そこで有馬記念である。消耗戦・前残りは確かにサムソン有利かもしれない。しかし秋初戦・神戸新聞杯では同じ消耗戦・前残りをドリパスにキッチリ差されている。そして平均ラップとなって展開が向くはずの菊花賞でも無様な姿を晒している。ドリパスにも交わされるのはまだしも、Aメインを捕まえられないのは情けない。成長度で言えばドリパス・Aメインを下回る。さらに冬場で絞りきれず、体調が一向に上向いて来ない。よって有馬でも同世代2頭を逆転するのは厳しいだろう。2頭がともにずっこければ分からないが…

続いてドリームパスポート。サムソンの項でも書いたが、世代で最も強い競馬をしているのはこの馬だろう。後傾ラップ・前傾ラップともに実績を持ち、展開に左右されないのが最大の強み。問題は中山の馬場だが、現在はほぼフラットか、やや差しが利く状況。有馬記念が先行有利とはいえ、少なくともスプリングS・皐月賞よりも馬場は向くだろう。確かに強行軍の疲れはあるだろうが、ラップ・展開・能力から考えてこの馬を外すわけにはいかない。普通に買う。

最後にアドマイヤメイン。同型と言えるメイショウサムソンには1勝2敗。しかし単騎逃げに持ち込んだ菊花賞ではサムソンをしっかり押さえ込んでおり、目下の充実度ではこちらに軍配が上がる。展開・馬場とも問題なく、逃げ宣言もあり力は出しやすいはず。中1週は多少不安だが、追いきりはキッチリやっており問題ないと見る。

3歳勢ではドリームパスポート・アドマイヤメインを推奨。メイショウサムソンは絞れていればヒモに一考の余地はあるが、デブのままなら切ってしまいたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dynamite.blog10.fc2.com/tb.php/549-aae5a8a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。