このブログは何年続くのかな…
ごぶさたしておりました。今週は3日間の研修に行って来ましたが予想以上に大変でした。1日8時間~10時間の間、勉強しっぱなし。珍しく講義の途中で寝ることもなかったためか、さすがに疲労困憊。しかし得たものはそれなりに多かったと思われます。社会人のみなさん、研修はガッチリ行って、その間だけでもしっかり勉強した方がいいと思いますよ。

大学に4年間もいたくせに全く勉強せず、ギリで大学から抜け出せた人間が何をエラそうに(笑)

ということで遅くなりましたがPOG的見解です。今週は幸いにも?重賞がない週であり、阪神JF・朝日杯FSを控えているとあって出走馬も低調。サクサクと見て行きましょう。

まずは新馬・未勝利戦の高評価馬から。東京未勝利ダート1600mを勝ったクランエンブレムは初戦同様のパフォーマンスを見せて楽勝。持ったままで上がり最速、ダートなら相当やれそう。全日本2歳優駿の登録・選出に間に合わなかったのが残念。東京新馬ダート1400mはレツィーナ(1着)ではなくダイワディライト(2着)を高評価。35.8-38.6の超前傾ラップで雁行逃げ。競った2頭が完全に潰れたのに対し、この馬は最後まで頑張っている。スピードはかなりあるし、すぐに勝てるはず。

今週はその他の馬については解説なし。POG的に注目すべき馬もあまりいなかったので。

続いて500万下。東京ダート1600mはレコード決着だが、34.8-38.4のハイペースが影響したのは間違いない。勝ったエスケーカントリー(1着)はずっと追い通し。ハイペースじゃないと走れない可能性が高く「ハマった」と言っていい。ピサノデイラニ(2着)は先行勢で唯一粘る好内容。しかしベスト条件だったのは確かだし、ゴテゴテに装備品をつけており気性面に不安を残す。安定感はあまりなさそう。ジャドール(5着)は出遅れを追い上げていったロスがあまりに大きい。ハイペースでこれをやったらまず無理。参考外の1戦。もし私の見解を読んで買ってしまった人がいたらゴメンナサイ。次はぜひとも勝ってもらいたい(願望かよw)。京都芝1200mのあけび賞は平凡。外差しの流れで外差しした馬のワンツーで強調できない。しかしアドマイヤプルート(3着)は阪神JF使えっつーの!東京芝1600のベゴニア賞は例年のレベルにはある。しかしメイショウレガーロ(1着)は能力5割増しになるデットーリ騎乗、これでマイネシャリマー(2着)とあまり差のない競馬という点はどうなんだろう。しかしエイシンイチモンジ(7着)は相変わらず鞍上とケンカしっぱなしで競馬になってない。ユタカが乗ってあれでは今後厳しい。

最後に京都2歳S。37.7-63.8-34.8のドスロー。ゴールドキリシマ(1着)は展開に恵まれすぎで評価できない。ローズプレステージ(2着)は追い上げてはいたが、ラストの脚は平凡。DID産駒の庭といわれる京都なのだから、もう少し走ってくれないと。目立たなすぎマルカハンニバル(3着)は逆に向かないスローで良く頑張っているといえる。安定感あるねぇ。インパーフェクト(4着)も上がり1位こそ記録したが、あれだけ溜めたのならもう少し弾けないと。ミスティックベル(5着)はスローが向かないのは確かだが、それにしても走らなさすぎ。なんだか陣営が出世を諦めたような感じすら漂う。今後も厳しい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dynamite.blog10.fc2.com/tb.php/526-2147674b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック