このブログは何年続くのかな…
マイルCS総力特集(1)です。まずは例によって過去の傾向を掴んでみる。

マイルCS ラップ分析
年度勝ち馬勝ち時計ラップ1着位置2着位置3着位置
2005(良)ハットトリック1.32.134.2-57.1-35.012-12(33.3)2-29-8
2004(良)デュランダル1.33.034.9-58.4-34.613-13(33.7)7-915-15
2003(良)デュランダル1.33.334.4-57.6-35.716-15(33.5)9-71-1
2002(良)トウカイポイント1.32.834.2-57.8-35.09-7(34.3)13-1113-13
2001(良)ゼンノエルシド1.33.235.4-58.8-34.42-2(34.2)8-94-4

※カッコ内は勝ち馬上がり

前傾ラップが3回、後傾ラップが2回と一見傾向は掴みにくい。しかしマイル王決定戦でもあり、基本的には厳しい流れになると考えたい。しかも今年はステキシンスケクンが参戦、1000m56.7秒で逃げておいて「これがこの馬のペース」(後藤)と言い切る馬だけに前傾ラップと見ていいだろう。

また「差し・追い込み馬が強い」ということも、単純ではあるが重要な項目。前傾ラップとなった場合、高速馬場にも拘らずラスト3F35.0~35.7程度まで落ち込んでいる。これなら展開は確実に差し・追い込みに向くことになる。先行馬は相当力のある馬じゃないと残れないと考えたい。ただし、差し馬を狙うにも条件がある。前傾ラップで上がり33秒台を出さなければ勝ち負けにならないのだから、差し馬もかなりのキレが要求される。上がりに限界のある「他力本願型差し馬」には用はないだろう。

簡単にまとめ。

・今年は前傾ラップと考えたい。
・差し・追い込み馬が有利。
・先行馬は相当力のある馬じゃないと厳しい。
・差し馬はキレが必要。上がりに限界のあるタイプは不要。


最後の直線が平坦なので、強い先行馬はなかなか止まらない。しかしその強い先行馬すら差しきれるキレを持っている差し馬が、展開的に最も有利ということになる。まずはここまで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dynamite.blog10.fc2.com/tb.php/514-9cc6841b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック