このブログは何年続くのかな…
今週はOP以上のレースが無かった。しかしルミナスハーバーが素晴らしい内容で500万下を脱出して阪神JFへ殴りこみ。勝ち負け必至だろう。

まずは今週の高評価馬。京都未勝利芝1800mを勝ったクルサード。2戦目で期待通りの変わり身を見せてくれた。翌日の黄菊賞より0.9秒速い勝ち時計、次位に0.6秒差の上がり1位とほぼカンペキな内容での未勝利脱出。あとは京都以外でどれだけ走れるかだけだろう。同レースのコンティネント(2着)は行ってしまう気性がネックだがこちらも能力は十分。いつでも勝ちあがれる。

その他の馬。東京未勝利ダート1600mを勝ったピサノデイラニは大差勝ちではあるがタイム平凡。またフサイチペガサス産駒は軽いダートが得意であり、今回の稍重馬場はベスト条件だった。勝ち方は派手だが信用できない。京都新馬芝1400mを勝ったキープユアアイズもタイム平凡。上がり4位も物足りない。京都未勝利芝1600mを勝ったレースドールは勝つには勝ったが相変わらず出遅れるし、上積みが乏しく内容も平凡。京都新馬芝1800mを勝ったブラックオリーブも平凡。稍重馬場なのに後傾ラップのドスロー、これを楽々先行して「勝ってください」的な内容。それでいて上がりの脚も際立ったものがなく、展開に恵まれた面が大きい。ドーントレダー(2着)もほぼ同じ評価。

続いて500万下。東京500万下ダート1300mは降雨の影響かレコード勝ち。それでも上位6頭が0.3秒以内の大接戦、これくらいの差なら展開や馬場でいくらでもひっくり返るし、違う言い方をすれば目立った馬もいなかったということ。勝ったビクトリーテツニーはトビが大きく、軽い馬場も展開も距離もベストだった。次走はあまりアテにならない。京都500万下芝1400mはルミナスハーバー快勝。向こう正面で少し掛かり気味だった点を除けば、レース内容・能力ともに圧巻の内容。次走は阪神JF、これだけのスピードを持っているのならアストンマーチャンにも十分太刀打ち出来るゼットカーク(2着)は相手が悪すぎた。上がり2位でしっかり差し込んだし、こちらも能力はある。ストラテジー(10着)は一本調子、現状は1200mで弱い相手向き。赤松賞は凡戦。タイムも遅いし内容もイマイチ。それほど速いペースでもないのにラスト12.4は止まりすぎ。黄菊賞も平凡。逃げたマイネルソリスト(1着)に楽逃げをさせすぎで展開が着順を左右した。ウオッカ(2着)は意識的に控える競馬をしたが、上がり最速は出しているし悪くない。マルカハンニバル(3着)は例によって安定はするがパンチ力不足、評価変わらず。エイシンイチモンジ(4着)は気性的に脚を溜められる馬ではない。もう少し速いペースでマイルくらいの方が安定する。クラウンプリンセス(5着)もスローはダメ、もっと速いペースで短い距離ベター。

京王杯2歳S。これは朝日杯FSに繋がるので、ラップ分析も一緒にやってしまおう。

京王杯2歳S 時計分析
年度勝ち馬時計ラップ同週の3歳1000万下
2006(稍)マイネルレーニア1.22.635.1-58.6-35.61.35.1
2005(良)デンシャミチ1.23.335.9-60.1-34.91.34.2
2004(良)スキップジャック1.22.135.4-59.0-34.61.34.2
2003(良)コスモサンビーム1.21.835.1-58.7-34.71.34.1

まず今年の勝ちタイム1.22.6(稍重)をどう見るか。同週に行われた3歳1000万下(芝1600m)を見ると今年は1.0秒ほど時計が遅い。しかし京王杯2歳の時計は他の年と遜色ない。2006年は前傾ラップで時計が出やすかった事を考慮に入れて、時計レベルとしては「まあまあ優秀」くらいが妥当か

また、今年の京王杯2歳Sの特徴は前傾ラップとなったことだろう。今までの京王杯2歳Sは後傾ラップばかりであり、結果として朝日杯FSには直結しにくかった(コスモサンビームは前走・前々走で前傾ラップ実績があった)。それが今年は京王杯が前傾ラップ勝負となり、しかもソコソコのレベルだったことから、朝日杯に直結しやすい内容だったと言えるだろう。

マイネルレーニア(1着)は得意の先行押し切り。前傾ラップにも実績があり、マイルの新潟2歳Sでも強い競馬を見せており距離延長も問題なさそう。本番も期待できる。マイネルフォーグ(2着)も同様に悪くない。ただスタートから絶好の展開だったのに2着と見ることも出来る。Mレーニアに次ぐ評価でいいだろう。アロマンシェス(3着)は差して上位進出。展開が向いたし高い評価をするほどではない。ゴールドアグリ(4着)は出遅れて差し込んだが内容としては平凡。前傾ラップ実績も作れなかったし朝日杯では買えない人気馬になりそうアドマイヤヘッド(5着)も出遅れたが、こちらは本来先行できる馬なので次走に期待したいが…レース運びの上手さで得をするタイプの馬なので、本番では内枠が絶対条件になる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ルミナスハーバー、大生さんの期待どおりの素晴らしい内容でしたね。
鮮度の高い内は踏ん張れるタキオン産で、母父もアリダーのパワー系なので新装阪神はドンピシャな気がしますし、格上げ圧勝のバウンド延長で稍重のタフなレースを経験できたのもいい(新装といっても阪神マイルなので軽すぎるレースじゃないとは思うので)。
自分もはっきり言って、ファンタジーでレース質がぴったり嵌ったアストンマーチャンなんて目じゃないと思いますw
人気はするでしょうけどボーナスレースになりそうですね!楽しみです( ^ー゚)b
2006/11/15(水) 01:38 | URL | ごどりん #-[ 編集]
てか、今初めて気付いたんですけどウオッカって牝馬だったんですね(^^;)
ごつい馬だし完璧に牡だと思ってましたw
今回は得意でもない上がり勝負だったし、控える競馬も経験できて、戦う意欲もかなり強そうな馬なんで、出られればコレも楽しみな馬ですね。
2006/11/15(水) 02:17 | URL | ごどりん #-[ 編集]
僕のハイソは?
2006/11/15(水) 10:11 | URL | BUSH #-[ 編集]
>ごどりんさん、コメントありがとです。
ルミナスハーバーは強いですね、3戦連続で素晴らしい内容ですからね。私はアストンマーチャンもそれなりに評価はしたんですが(せざるを得なかった)、ルミナスが期待通りの走りを見せてくれたことでマーチャンから買う必要性はなくなったかも。それにしてもみんなマーチャン切りたがってるよなぁ…私はソコソコ走れると思うんだけどな…

>BUSHさん
東京新馬芝1600mを勝ったハイソサエティーですね。レースはかなりのドスローで、逃げたハイソにはかなり有利な展開でした。でも2着馬とハナ差…あんまり高い評価できないかも…タイムも遅いし…
2006/11/16(木) 20:37 | URL | 大生 #-[ 編集]
どういう基準でレースは選んでるの?
平凡な内容のレースでも書いたり書かなかったり。
土曜京都4R辺りは触れても良いと思うけど。

あと土曜日京都3Rですが、黄菊賞とタイム比較は意味がないと思います。
雨の中稍重とはいえ、最初の芝レースで状態の良かった土曜日のRに対して、黄菊賞の頃にはずいぶん芝が荒れてました。
時計比較で0.6~0.9程度馬場差が発生していてもおかしくはありませんので。
それを考慮しても、2歳500万レベルの未勝利戦だったと言うことですが。
2006/11/16(木) 22:30 | URL | コウ #-[ 編集]
>コウさん
基準ですか?
・まず高評価馬はコメント付き。
・残った馬(=高評価しない馬)の中で、POG人気している馬についてはコメント付き。
POG人気馬というのは私の独断ですので個人差があるのはしょうがないと思ってください。なぜPOG人気馬なのか…それは「POG的見解」だからですね。

つまり、評価を書かないということは…
・平凡なレース。
・出走した馬がPOG人気馬じゃない場合。
ということになります。福島未勝利ダート1150mなんて、知ったところで意味ないっしょ?

コウさんが書いてくれた、土曜の京都新馬ダート1400mをなぜ書かなかったかの理由はこうなりますね。
・重馬場で圧勝したところで、今後に全く繋がらない。
・中竹厩舎のマル外に、今後を期待するのは無謀(言い切ったw)
・POG人気馬じゃない。
一応、全てのレースに目を通してはいますが、個人ブログという範疇でのものですので、労力には限界があります。それと、何でもかんでも書いても情報がゴチャゴチャになるだけだと思います。だから、我々POGを楽しむ者が知りたい情報・気になる情報だけを載せています。中竹厩舎のマル外に興味があるのって中竹マニア(いるのか?)だけでしょうしね。

黄菊賞と未勝利戦の比較について。
馬場差については、実際かなり差がある場合もあります。しかしそんなところまで精査していては時間がいくらあっても足りません。予想するときもそうですが、重視する情報・軽視する情報はハッキリさせないといけません。私の場合、1日の中での馬場差は重要視していません。だってデータとして残らないから比較が出来ないし。コウさんが言うように、0.9秒程度の馬場差があったかもしれません。しかし、この馬場差が1.5秒なのか、それとも0.5秒なのか、ハッキリわからない。このへんはアバウトな分析しかできないんです。だったらこういうのは軽視して「500万下の黄菊賞より0.9秒速い未勝利戦は(馬場差を引いても)優秀じゃないか」としてもいいんじゃないでしょうか。間違ってたらどう責任取るかって?次走見て「ゴメンナサイ」で修正しますよ。1~2戦見ただけで馬の能力が全部把握できるなんて思っちゃいません。アバウト上等!ですな。
2006/11/17(金) 00:05 | URL | 大生 #-[ 編集]
アストンマーチャンは自分も高く評価してます。ここ2戦も本命にして儲けさせてくれたし、お気に入りの一頭です。
本番も買う可能性がないとは言えないです。
ただ、阪神マイルが外回りで直線が長くなる分、ある程度溜める競馬になる可能性もそれなりに高く、現時点では(若駒の間)Hペース混戦向きの、スピードとパワーに秀でた1400ベスト馬なのは間違いないので、ベスト条件の後に抜けた一番人気では評価を下げざるえないというところです。

ルミナスハーバーは量系だけに馬体減りには注意したいですね。
2006/11/17(金) 03:34 | URL | ごどりん #-[ 編集]
>ごどりんさん
そうですね、1番人気という十字架を背負ってるので、少しでも不安要素があるならば疑ってかかりたいですね。それを「対抗」に落とすか「切り」まで持っていくか、というところだと思います。私の場合、今年はファンタジーSで有力どころが激突・撃破されてしまった感があるので、仮にルミナスが本命としても2番手はどうしてもマーチャンになってしまいますね。他に有力な馬がいないですし。
2006/11/18(土) 00:15 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dynamite.blog10.fc2.com/tb.php/512-094f508e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック