このブログは何年続くのかな…
明日は東京競馬場に出かけるかもしれないので早めの予想。お目当ては今年大活躍を予言したマンハッタンカフェ産駒のエース格・エイシンイチモンジヴェルトマイスターです。ビックリするような強さを見せて欲しいな。というわけでエイシンが出走するこのレースから。

東京9R いちょうS
このレースは堅軸馬がいる。当然エイシン…ではなく、連闘で望んできたプラテアードの方。前走の勝ちタイム1.35.8はいちょうSの過去5年の平均勝ちタイム1.36.2を余裕で上回る(最速は1.35.6)。前走はほとんど追ったところもなかったし、競馬が上手で安定して走れるのが強み。しかもハイペース向きなのでオープンの流れに戸惑う心配はない。これは連は確実、相手探しのレース

となると注目は「プラテアードに勝てる馬がいるのか」ということ。プラテアードの弱点は瞬発力が少し足りない点であり、負かすとすれば瞬発力で上回る馬。これに合致するのがエイシンイチモンジ。前走がドスローの2000mなので評価を落としているが、瞬発力は非凡なものがあった(上がり1位、次位に0.3秒差)。まずこの馬は相手筆頭に。

マイネルシーガルはどうだろう。前走は上がり34.6を繰り出して快勝したが、このレースはレベルに疑問が残る。後半5F60.3は、プラテアードの未勝利戦59.3を大きく下回る。上がりは他馬に0.7秒差をつけていたが、それでも60.3-0.7=59.6。全然足りていない。競馬は足し算ではない、それは分かっているが、プラテアードとは少し差があることはハッキリさせておく。よって上積みが必須なのだが、前走でのあのテンションの高さと完成度の高さから考えて、大きな上積みは期待しにくい。結論は、逆転が難しい3番手評価。

その他では、未勝利戦で高評価したマイネシャリマー、前走は抑えてダメだったので今回はハナを切るだろう。しかしプラテアードの格好の目標になるだろう点がまずマイナス。また前走では交わされてから途端に止まっており、最後まで頑張る気性ではなさそうだ。3着付けの押さえが妥当。フィールドウイナーは札幌の2戦が平凡。しかも体調不良で札幌2歳に出せず、ここでようやく復帰したという経緯がある。メイチの仕上げは考えにくく、ここは叩き台。切り。

◎プラテアード、○エイシンイチモンジ、▲マイネルシーガル、△マイネシャリマー。馬単◎-○▲と、裏返し○-◎が基本。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dynamite.blog10.fc2.com/tb.php/489-5fc9d8d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック