このブログは何年続くのかな…
では秋華賞の予想です。

まず展開。逃げ馬(積極的ではないにしろ)は3頭、シェルズレイ・ブルーメンブラット・アサヒライジング。さらに先行馬もかなりの頭数がいる。すんなり隊列が決まるとも思えず、スローで流れる可能性は低い。となると…例年通りのミドルペースか。ハイペースまでにはならないと予想する。この状況下で注目すべきは3点。

・スロー~ミドルペースでの決め手のある、差し・追い込み馬。
・春の実績馬が順調に来た場合は有力。
・トライアルの成績は直結しない可能性がある(≒前哨戦勝ち馬はアテにならない?)


これを踏まえて各馬精査に入る。

まずキストゥヘヴンは春の実績馬→前哨戦5着という、典型的な秋華賞ズッコケパターン。しかもこの馬、好走実績は前傾ラップに限られているのだ。持久力勝負の差し競馬ならまだしも、決め手勝負では分が悪い(セントライト記念上がり4位がその証拠)。3番人気ではあるが全く買う気がしない。余裕の切り。ブルーメンブラットはいいスピードがある。しかし上がりに限界があるのも確か。血統的にもトライアル血統、先行脚質も問題あり。いい馬だとは思うが条件合わず切り。アサヒライジング・シェルズレイは強い先行馬。京都2週目の馬場で、目を瞑って買うならこの2頭かもしれない。それでも秋華賞の傾向からいえばこの2頭はノーマーク。不利な先行脚質・上がりに限界があるのがその理由。これもバッサリ。サンドリオン・キープユアスマイルの紫苑S組はどうか。上がり33秒台を使っているのだが、これは中山開幕週の超高速馬場だけに評価できず。しかも通常ならば前残りで決まるところを、前が速すぎて全滅という展開(上がり36.4は異常とも言えるくらい遅い)。要するに数字を鵜呑みには出来ないわけで補正が必要となる。そこでキープユアの春の実績を見ると…全然ダメ。逆転できるとは思えないくらいの差がある。この馬と僅差の勝負だったサンドリオンも大して評価できまい。結論は両方不要。ヤマトマリオン・ブロンコーネは春の実績が足りないし成長も乏しい。逆転は難しく切り。タッチザピークは短距離にしか実績がなくさすがに逆転は難しい。ホウショウルビー・トシザサンサンは数合わせ。これも不要。春の実績馬・コイウタはどうか。桜花賞は絶好枠・直前輸送で3着まで頑張ったが、今回は休み明け・大外枠・輸送と全てがマイナス方向に向いた。これでは買いようがない。

残るは5頭、これらが秋華賞で買える馬だ。まずアドマイヤキッスは上がり勝負には一抹の不安を残すものの、春の実績馬が順調に出てきただけでまずプラス。全7戦中6戦で上がり3位以内と大崩れがない。買い。フサイチパンドラも春の実績馬で一定の評価が必要。ただこの馬の場合はアドマイヤ以上に上がり勝負には向かない。押さえ。カワカミプリンセスは前傾・後傾どちらでも走っているので穴がない。しかし休み明けというハンデがどう出るかは走ってみないと分からない。押さえ。ニシノフジムスメも上がり勝負には不安があるが、前傾ラップ勝ちもあるし(忘れな草S)、ローズS4着はギリギリ買える範囲内。京都得意の藤原英厩舎だけにどうしても気になる。押さえ。ソリッドプラチナムは鞍上が乗り代わりで小牧太、これが気になる。最近乗れてないんじゃないか小牧?しかし白百合S・マーメイドSの内容は圧巻の一言。特にマーメイドSは49kgながら古馬牝馬を一蹴。前残りの流れをただ1頭差し込み、その上がりは34.0とダントツの上がり1位。負かした相手は府中牝馬Sにも出走しているサンレイジャスパー・ヤマニンシュクルを含んでいる。そして今回と全く同じ京都内回り芝2000m…実力的にも人気的にも、この馬が勝つのが一番しっくり来る。

◎ソリッドプラチナム、○アドマイヤキッス、△カワカミプリンセス、フサイチパンドラ、ニシノフジムスメ。今年の牝馬路線は桜花賞・オークス共にハイペースという珍しい展開になった。この結果が秋華賞にも直結するとはどうしても思えない。勝つのは全くの別路線組、新興勢力ではないだろうか。そして決め手勝負になると読めば至極当然の◎ソリッドプラチナム。古馬牝馬に勝ったことを甘く見てはいけない。◎の単、◎○の馬連ワイドを基本に3連複・3連単もちょびっと。小牧頼むよ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今回シークレットコードが評価から漏れてますけど・・・大丈夫?
(私もこの馬は無いとは思いますが)
2006/10/15(日) 15:23 | URL | CIA-NON #-[ 編集]
>CIAさん、どもです。
あぶねぇ…完全に抜けてました。
ま~それでもあまり影響はなかったわけですが。

しかし前傾ラップになるのか~。トシザサンサンとかコイウタとか、思い切りが良すぎ。

それと、やっぱり春の実績馬が1~4着独占。うちキストゥヘヴンだけが沈没。「春の実績」ってのは秋華賞の好走パターンとして確立されそう。◎ソリッドは前傾ラップになってはしょうがない、前にいた馬が強かった。
2006/10/15(日) 16:23 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dynamite.blog10.fc2.com/tb.php/486-8407bc9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック