このブログは何年続くのかな…
さてここで精査に入ろう…と思ったのだが。ひとつ重要なファクターを忘れていたので追加する。それは「秋華賞では春の実績馬が好走しやすい」という事実だ。実は同じことを一年前の秋華賞予想で書いている。とても重要なことなので、そのまま引っ張ってみよう。

牝馬というのは桜花賞・オークスを目標に馬を仕上げていく。古馬になってからでも出世が可能な牡馬と違う。牝馬は3歳春が一番大事。そう考えると3歳春の勢力図というのは秋になっても変わらないはずなのだ。そしてこれを強力に裏付けるデータがある。過去9年の秋華賞において春の実績馬をトライアル成績でまとめてみたものを見て欲しい。

過去9年・春の実績馬の秋華賞、及び秋華賞TR結果

【好走組】
メジロドーベル   1着(オールカマー1着)
ファレノプシス   1着(ローズS1着)
テイエムオーシャン 1着(休養明け)
スティルインラブ  1着(ローズS5着)
スイープトウショウ 1着(ローズS3着)
エリモシック    2着(嵯峨野特別1着)
キョウエイマーチ  2着(ローズS1着)
ローズバド     2着(ローズS2着)
エアデジャヴー   3着(クイーンS1着)
レディパステル   3着(紫苑S1着)

【凡走組】
エアグルーヴ    10着(休養明け)
イブキパーシヴ   15着(休養明け)
ナナヨーウイング   18着(ローズS11着)
ムーンライトタンゴ 6着(ローズS4着)
ウメノファイバー   4着(休養明け)
トゥザヴィクトリー  13着(ローズS4着)
チアズグレイス   4着(ローズS5着)
シルクプリマドンナ 10着(ローズS4着)
チャペルコンサート 8着(休養明け)
ブルーリッジリバー 11着(ローズS6着)
チューニー     13着(紫苑S6着)
ダンスインザムード 4着(休養明け)

【2005年】
エアメサイア   ?着(ローズS1着)
ラインクラフト   ?着(ローズS2着)
デアリングハート  ?着(クイーンS4着)

一目瞭然。春の実績馬がトライアルで3着以内に入った場合は複勝率100%。そして秋華賞でコケた実績馬は全てがトライアルでも凡走しているのだ。春の勢力がきちんとトライアルで連対し本番でもが力を出せるようならば秋も勢力図はそれほど変わらないのである。


我ながらいいこと書いてんな(笑)。結局2005年の結果は◎エアメサイア(1着)、○ラインクラフト(2着)で決着している。上記の傾向は今年もそう簡単には覆らないと見ていい。そして今年の有力馬を総ざらいしてみるとこうなる。

【2006年】
キストゥヘヴン ?着(セントライト記念5着)
アドマイヤキッス ?着(ローズS1着)
カワカミプリンセス ?着(休養明け)
フサイチパンドラ ?着(ローズS3着)
コイウタ ?着(休養明け)
アサヒライジング ?着(休養明け)

少なくとも、キストゥヘヴンはこのデータから買う気はしない。セントライト記念の内容が良ければ話は別なのだが、ゴチャついたとはいえあの弱いメンバーに5着、上がり4位と見るべきところなし。しかもこのセントライト記念、今回の秋華賞にけっこう近いラップを踏んでいるのにである(道中12秒台連発、35.5-36.3の前傾ラップは最後に坂がある分と見て)。いくら叩き台だったといっても見せ場がなさすぎる。

逆に食指が動くのがアドマイヤキッス・フサイチパンドラの2頭。実績上位の馬が順当に出てきた以上、馬券対象になる可能性は非常に高いと言えよう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dynamite.blog10.fc2.com/tb.php/485-a287fac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック