このブログは何年続くのかな…
POG的見解です。秋競馬が始まって良血馬も続々デビューしてきますが、しっかりと厳しい目でチェックしていきたいと思ってます。馬券にも直結しますしね。

まずは新馬・未勝利戦、高評価馬は2頭。まずは札幌芝1500mを勝ったニシノプライド。芝1500mという特殊な距離なので評価は難しいのだが、折り合いがついた逃げでキッチリと上がりを使う点に好感が持てる。澱みのない流れで逃げ切るあたり、父のセイウンスカイを彷彿とさせる。距離が伸びても大丈夫だろうし良い逃げ馬になりそう。中山新馬芝1200mを勝ったマルターズクラシカも高評価。タイム1.09.3は新馬戦としては速いし、番手から上がり最速を使った競馬センスに好感が持てる。折り合いも付いてたし距離延長でも大丈夫。それにしても吉田隼は乗れてるね~土日で5勝してるし。兄貴(吉田豊)と5勝差まで来てるし、抜いちゃうかも。

その他の馬。札幌新馬1800mを勝ったフサイチオフトラはドスローでの逃げ勝ち。展開が最高に向いているだけに参考にならない。札幌新馬芝1200mを勝ったゴールドアランと札幌未勝利芝1200mを勝ったトウカイファインは楽勝だがタイム平凡。中山未勝利芝1600mを勝ったローズオットーは逃げて上がり最速。一見カンペキな勝ち方にも見えるが、道中抑えていたのに行ってしまった気性面が心配。しかもこの日は逃げ馬が止まらない馬場で展開が向いている。勝ち方は派手だが信頼は置きにくい馬。中京新馬芝1800mを勝ったヴァルプリスも2番手から上がり最速の脚を使っているが、スローで先行馬が有利な流れだったし、勝ちタイムも平凡。いかにもアグネスタキオンらしく仕上がりの良さで勝ちあがった感あり、次走あたり人気にはなりそうだが意外と苦戦しそうなタイプ。

コスモス賞。1.48.4はレコードタイム。35.4-59.8-36.3のラップを刻み、全く澱みがなかった。先行馬には厳しいレースだったといえる。ナムラマース(1着)はカンペキな内容。前目につけて4角でも馬也、上がり最速。前走の未勝利戦もいい内容だったし(なぜ高評価してないかは謎)これはホンモノだろう。今回こそ高評価しておくローブデコルテ(2着)は後方から進めている分展開は向いている。また有力馬が前でやりあってくれた分、上位に来れたという向きもある。勝ち馬には完敗の内容だし、さして評価する内容でもない。インパーフェクト(3着)は掛かり気味に行ってしまった。厳しい展開を3着に残ったということで強い内容と見れないこともないのだが…距離延長のせいもあるだろうが、過去4戦と比べて競馬内容があまり良くなって来ないのが気になる。内にモタれるのも解消されないし。ハッキリ言って成長力に疑問が残る。今後は人気になっても信頼できないかもしれない。ジャングルテクノ(4着)は気性が荒く、後方で折り合いをつけないと競馬が出来ないっぽい。追って頭が高くなるのも一緒、安定感がない。ミスティックベル(5着)は3連闘の影響もあるだろうが、それにしてもだらしなさすぎ。厳しい展開になってアッサリ白旗を上げるのは新馬戦と同じ。能力があるのは間違いないが、厳しい展開ですぐに投げ出すタイプっぽい。これではクラシック云々は厳しいかも。「クラシック候補」とか言っておいて申し訳ないのだが…軌道修正は早い方が良いしね。今のところはもっと楽に走れるスローや少頭数がベター。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dynamite.blog10.fc2.com/tb.php/456-f92824c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック