このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週は注目の新馬戦が2つあったんですが(札幌1500m・新潟1800m)いずれも高評価をするまでには至らず。しかし去年に比べて高評価馬が少ないような気がするなぁ。見る目が少々厳しくなってるかもしれません。でも高評価乱発するよりはマシかなと。

まずは新馬・未勝利戦。高評価馬は1頭だけ。新潟未勝利芝1800mを勝ったダノンジュンコウ。勝ちタイム1.47.8は2歳としては非常に速い。これを4番手から上がり最速の脚を使って突き抜けた。まだまだ余裕があったのも好感。しかしダノックスは良い馬が多い、故障がちだったり晩成だったりするので目立ってないが、高馬だけはあるなと。ピ○ノとは大違い(笑)。

その他のレース。札幌新馬芝1500mは平凡。タイムが遅いのはドスローなので仕方ないがメンバーが揃った割に目立った馬がいない。勝ったアドマイヤヘッドは内枠でスタートを決めて回ってきただけ。スローなのに最後は止まりそうだったのが物足りない。アドマイヤコジーン産駒らしいピッチ走法、平坦の短距離向き。POG人気していたグレインアート(8着)はスローで先行したのにバッタリ止まった。ハッキリ言って最悪の負けパターン。未勝利で終わるかも。新潟新馬芝1800mは勝ちタイム1.49.8が平凡。スローだったとは言え、最後は併せ馬の形だったしもう少しタイムは出たはず。勝ったエーシンマーメイドは確かにしぶとかったが高評価するまでには至らない。小倉新馬芝1000mを勝ったシャイナムスメは2馬身差の楽勝で確かにスピードはあるが「競馬」をしていない。相手が弱かっただけ。

続いてオープン特別。まずはひまわり賞。勝ちタイム1.10.8はいくら何でも遅すぎる。レベルが低すぎて問題にならない。

クローバー賞。高評価馬・イクスキュ-ズ(1着)の強さが目立った。もちろん今回も高評価。直線で前が壁になったのを捌いて一瞬で突き抜けるセンスの良さは素晴らしい。馬体も増えていたし今後も楽しみ。結果的に上がり4位だったが不利があったのでマイナスに取らない方がいい。ビービーガルダン(2着)は内枠と展開がピッタリだったし特に強調材料はなし。スイングロウ(3着)は出遅れと直線で狭くなったのが惜しい。それでも内を縫うように差してきており能力はありそう。マイル以上で速めのペースベターマイニングゴールド(4着)は詰めが甘い。芝ではこのようなレースが続くだろう。ブレイブボーイ(8着)はレースセンスがない。少頭数・広いコースでハナを切る形が理想。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dynamite.blog10.fc2.com/tb.php/445-b5c81143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。