このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴールデンウイーク突入ということで、皆さんいかがお過ごしでしょうか。私は少しだけ仕事の疲れを癒したあと、家の片付けをやってます。2016年に家を新築したんですが、これまで家に誰かを呼んだことがないので、接客できるよう準備してます。あとは家庭菜園の季節なので、去年の土を乾かしたりとか。

今日は近況を書ける余裕があったので少しだけ書いて、天皇賞の予想です。

京都11R 天皇賞(春)
このレースのポイントは以下3点。

・内枠絶対有利。特に1~2枠はかなりの高確率で馬券になる。
・欧州スタミナ血統、特にトニービン系、テスコボーイ系、ディクタス系が強い。ハーツクライ特注
・最近は乱ペースになることが多く、気性に不安のある馬が中~外枠に入ると厳しい。

3つ目のポイントは意外と重要かもしれない。天皇賞(春)は長距離戦だというのに、6~7ハロン目がやたらと速くなり、スピードが一段階上がる。そのため乱ペースになりやすく、逃げ馬に厳しいペースになりやすい(ここにキタサンブラックの凄さがある)。

はい結論。

◎チェスナットコート
○シュヴァルグラン
▲カレンミロティック
△ガンコ

◎チェスナットコート。血統ドンピシャ、枠絶好、京都外回り実績もある。鞍上も天皇賞(春)に実績ある蛯名が連続騎乗しており、死角がない。サブちゃんに続いて、遂にAKBグループ(窪田康志)がG1勝つか?○シュヴァルグラン。普通に考えれば能力最上位だし、血統も合う。ただ枠がイマイチで、強気に乗りすぎて何かに差されると思う。でも消すのはやりすぎ、普通に買う。▲カレンミロティック。2016年とほぼ同じ状況が出来上がった。2016年のキタサンブラックに迫った長距離適正が本物だとすれば、ここでもしっかり抑えたい。△ガンコ。ナカヤマフェスタ産駒(父ステイゴールド)なので適正はある。もう少し荒れた馬場が良かったが、内枠チョイ差しという展開は絶好だろう。

◎から馬連三連複。馬体重がおかしくなかったら、単複も勝負してみる。完璧な臨戦の馬が複勝2.5倍つけば相当オイシイですしね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ついに、G1を2戦予想書きこみなし・・・ここもおしまいか。悲しいね
2018/05/19(土) 23:13 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する