このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰しております大生です。2018年G1シーズンに合わせてブログも復帰。

東京11R フェブラリーS
ポイントは以下3点。

・今年は先行馬が多く、流れそうだが、それでも条件的には先行馬有利。
・血統はデピュティミニスター系が強い。ヌレイエフ、ボールドルーラーも合う。
・チャンピオンズC、根岸Sともにラップが異なるため、この2戦の戦績はアテにしない方がよさそう。

東京マイルなので前傾ラップにはなりやすいが、それでも力のある先行馬なら押し切れる舞台。逆に追い込み一手の馬は軸に出来ない。はい結論。

◎ゴールドドリーム
○インカンテーション
▲サンライズノヴァ
△ベストウォーリア
×ノンコノユメ

◎ゴールドドリーム。羽生くんが金メダルを取った翌日、というのはわかりやすいサインだが、条件的にもドンピシャ。血統はバッチリだし、このG1はリピーターレースだし。逆らえない。○インカンテーション。今回は折り合いをつけて乗りたいところだが、すぐ横のララベルが逃げるので控えやすいはず。▲サンライズノヴァ、△ベストウォーリア、×ノンコノユメは脚質的に本命視はできないが、レースが終わった後に突っ込んでくる可能性はそれなりに高い。

テイエムジンソクは切る。G3、G2を連勝してくるこのパターンの馬は、重賞勝ちに届きこそすれ、G1には手が届かないと見る。プロ野球でいえば、大事な場面で直球だけで乗り切れないのと同じ(伝わりますかね?)。小脚が使えなかったり、一本調子だったりと、東京1600mという特殊条件で本命視する理由がない。さらに先行馬なので、崩れたときは二桁着順の恐れまでありそう。古川くんには頑張って欲しいんですが、さすがに厳しい条件が揃ったとみる。

◎から馬連馬単ワイド。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する