このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日杯FSはハズレ。後傾ラップに強い先行馬=ダノンプレミアムで分析はバッチリだったが、1,2,3番人気の馬券なんて取れるわけない。なので気にしない。

中山11R 有馬記念
今年のポイントは以下。

・過去のグランプリ好走馬は要注意。有馬記念・宝塚記念の実績は軽視しない。
・先行内枠馬が有利。直線で2列目より前にいないと厳しい。外枠は先行馬以外は厳しい。
・勝ち馬はSS系、ロベルト系から選びたい。過去10年、この2系統以外は勝てていない。
・内包して歓迎の血統は、トニービン、ノーザンテースト、キングマンボ。スタミナ系が合う。

今年は内枠・外枠まんべんなく来ている馬場。ただ、例年よりもかなり先行有利になっているのは間違いない。後方で溜めてごっつぁん待ち、という馬は厳しいと思う。

はい結論。

◎キタサンブラック
○ヤマカツエース
▲サトノクロニクル
△8.10.12.14

◎キタサンブラック。絶好枠で、血統ピッタリ、脚質ピッタリ、渾身の仕上げでリピーター。1人気といえ、これで蹴とばす訳にはいかないでしょ。○ヤマカツエース。インピッタリで恩恵を受けられるし、キンカメ×ロベルトだし、昨年4着だし。確勝の金杯捨てて参戦している以上、ここは勝負掛かり。▲サトノクロニクル。絶好枠を引いた先行馬で、血統もピッタリ。

◎-○▲-○▲△の3連単が大本線。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する