このブログは何年続くのかな…
京都11R 天皇賞(春)
このレースのポイントは以下。

・インがかなり有利な馬場で、かつ前が流れる展開。イン差し馬が最も展開向く。
・トニービン、パーソロンの血が強い。ハーツクライ、ジャングルポケットが特注、ステマ配合も良い。
・リピーターレース。昨年の好走馬は有利。逆に有馬記念とは連動しにくい。

このレースは特に血統に特徴がある。欧州スタミナ血統であるトニービン、パーソロンがやたらと強いのだ。米血が合わないこともないが、まずはトニービンとパーソロンの血を探すのが的中への近道となる。ではこの2血統を持つ馬はどれか。

*3.キタサンブラック
*6.シュヴァルグラン
*7.アルバート
10.アドマイヤデウス
11.プロレタリアト
14.ワンアンドオンリー
16.レインボーライン

今回は血統的が合う馬が7頭おり、これらを中心にレースは展開される。ということは人気のサトノダイヤモンドを軸にするのは難しい。シャケトラも同様の理由で相手止まりだろう。あとはリピーターレースであること、内枠有利であることを合わせて、はい結論。

◎シュヴァルグラン
○キタサンブラック
▲レインボーライン
△サトノダイヤモンド

◎シュヴァルグラン。内枠ハーツクライ産駒だけでも十分に買いだが、前走を叩き台として、完全に照準を天皇賞に合わせてきた点が最大の強調材料。友道師も長距離を大得意としており、仕上げにぬかりはないはず。能力的にも前走のサトノとの差はわずか、今回は枠順の差で十分に逆転可能。○キタサンブラック。血統も合うし、リピーターレースだし、文句なし。当然買う。▲レインボーライン。血統はかなり合っている。外枠なのが痛いが、どうせ追い込み脚質なのでインに潜りこむのは比較的容易。先行するサトノよりもこちらの方が展開は向きそう。△サトノダイヤモンド。能力は疑いないが、適性面は向かないので困る。アタマはないだろうし、ぶっ飛ぶ可能性まであると思うが、さすがに押さえざるを得ない、というのが正直なところ。

◎は単まである堅軸。◎の単複、馬連馬単、◎を1,2着に置いた3連単を。今回はかなり自信あるので、結構勝負しようと思ってます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
正直、福永は、あの乗り方は本番でカマセと言いたい。トライアルで持ちカード晒されたら本番では買いたくない。
人気2頭を嫌ってワイド買って眺めますわ。
今回、本来買うなら頭で買うべきな気がしますがゴールドアクター・シャケトラ・スピリッツミノルのワイドで
2017/04/30(日) 15:11 | URL | n #-[ 編集]
nさん、毎度どもです。
福永は最高の乗り方しましたが、キタサンがさらに最高の乗り方したというか・・・やっぱり芸能人馬主はヒキが強いですな。
2017/05/07(日) 14:52 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する