このブログは何年続くのかな…
ご無沙汰しております。G1なので予想だけ置いときます。

東京11R フェブラリーS
今年のポイントは以下3点。

・スローになりそうで、内枠先行馬にチャンスあり。逆に追い込み馬は不安。
・血統はデピュティミニスター系が強い。ヌレイエフ、ボールドルーラーも合う。
・チャンピオンズC、根岸Sともにラップが異なるため、この2戦の戦績はアテにしない方がよさそう。

メンバーを見渡すと、どうやらスローになりそうなメンバー。コパノリッキーはぶっ飛ばし逃げは打たないし、ケイティブレイブはマイルで楽逃げできるスピードはないだろう。そうなると追い込み馬には厳しい流れになる。ということは、差し決着になった根岸S、チャンピオンC上位馬は過剰人気と読む。

はい結論。

◎ゴールドドリーム
○コパノリッキー
▲ノンコノユメ
△ベストウォーリア

◎ゴールドドリーム。まず血統がドンピシャ。そして前走が出遅れて参考外で人気を落としているのもいい。乗り替わりが多い中、デムーロ続投もプラス。堅軸だと思う。○コパノリッキー。去年のフェブラリーSで惨敗したため人気を落としているが、中団待機策で嫌気が差したのが原因。血統、コース適性はピッタリだし、先行馬が少ない今年は再び大チャンス。▲ノンコノユメ。差し馬で1頭買うならこれか。東京マイルは堅実だし、去年2着した5歳馬なら連チャンは可能。△ベストウォーリア。条件はベスト。勝ち切るまではどうかだが、相手としては押さえないと怖い1頭。

カフジテイクは切る。チャンピオンズC、根岸Sと好走しているが、前述通り、今回は同じ流れになるとは思えない。あって3着。サウンドドトゥルーも危ない。前走はお世話になったが、今回は乗り替わりの上、展開が向かない。

◎から馬連馬単ワイド。3連単はパドック見て買うかも。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する