このブログは何年続くのかな…
今日は時間ないので簡単に。

京都11R エリザベス女王杯
基本的にはリピーターレース。京都外回り2200mという距離に適性がある馬はやはり有利。あとはアメリカ系スタミナ血統が走る。はい結論。

◎タッチングスピーチ
○クイーンズリング
▲マリアライト
△1.4.7.9.11.13

◎タッチングスピーチ。ディープ×Sadler's Wellsでアメリカ系強めの構成。京都長距離実績も十分。ルメール下ろしてムーア確保なんて、ソフトバンクの補強を見るようなやりたい放題。ただ、そのやりたい放題ができる組織力はやはり有利。

◎から馬連と3連複で。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
サドラーでアメリカ系強め?
バリバリ欧州系なんですがどうなんでしう。
2016/11/14(月) 20:54 | URL | ナイジェルマンセル #-[ 編集]
ナイジェルマンセルさん、こんな過疎ブログにようこそです。
サドラーズウェルズですが、Nothern Dancer×Hail to Reasonなので、血統だけ見るとアメリカ血統です。結果的にヨーロッパで活躍しているので、ヨーロッパ血統と思っている方も多いと思うのですが、歴史を考えるとアメリカ血統だと思ってます(少なくとも私は)。

同じように、アメリカ血統でヨーロッパでも走った馬の中に、ニジンスキーってのもいますね。ラムタラが欧州3冠達成してますが、ニジンスキーを「ヨーロッパ血統」という人は少ないんじゃないのかな、と。
2016/11/20(日) 15:18 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する