このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は種牡馬分析です。今日は年々種付け料が上がっている、この種牡馬で一本。

ハーツクライ
HeartsCry.jpg
ハーツクライは元々社台の生産馬であり、産駒も社台生産馬が最も多い。だいたいノーザンファームの1.5倍くらいは種付けしているのだが、走る産駒はノーザンファームの方が多いという。社台としては悔しいだろうなぁ。では、どういった産駒が走るのかを見てみましょう。

【血統的見解】
ハーツクライはSS×トニービン×Lyphardという組み合わせで、いかにも欧州血統との相性が良いように見える。しかし実際は、父SS・母アイリッシュダンスが共に持つ、Teddy×Himyar米血スタミナを活かして大物排出、というパターンが非常に多い。そのためか、ハーツ産駒は日本の王道である「上がり3~4ハロン競馬を、脚を溜めてズドン」よりも「上がり4~5ハロン競馬を、先行粘り込み」という競馬で強さを発揮する。先行粘りこみ競馬はディープやステイがやや苦手としているため、相対的にハーツ産駒が「大物食い」というイメージが付くのだろう。

なんだか堅い話で良くわからんので、具体的に見てみよう。米血スタミナのTeddy×Himyerを持ち、ハーツクライと相性のいいのは、要するにこんな系統である。

・ロベルト系
・シアトルスルー系
・カーリアン系
・サドラーズウェルズ系


この4系統には共通点がある。実はすべてが「Hail to Reason×米血スタミナ」でできている。ハーツクライがSS×米血スタミナなのだから、わかりやすいニックスになっているんですな。無論この4系統以外にも、母父がTeddy持ち×母母父Himyer持ちであれば走る可能性はあるが、簡単に当たり馬を見つけるなら、まず上記4系統をマークするのが正解だろう。参考までに、天皇賞(春)で激走したカレンミロティックは母がシアトルスルー×カーリアンの組み合わせ。血統的には極上、ということになる。

【POGでの狙い方】
走るハーツクライ産駒は米血スタミナが強いはずなので、少なくともマイル以上が主戦場になる。また夏は米血が走りやすいので、狙いは以下のようになる。

・夏~初秋に、マイル以上でデビューしそうな馬
・米血が得意で、中距離以上を得意とする厩舎



須貝厩舎橋口弘次郎厩舎がハーツクライ得意なのは納得。須貝厩舎は夏の阪神マイルで使いだすし、橋口厩舎は夏の小倉が大好きだしね。また先日アップした友道厩舎ってのも実は相性バッチリ(シュヴァルグランなんかが好例)。友道×ハーツもマークして損はないはずです。関東で米血スタミナに強いところだと、斎藤誠厩舎(ヌーヴォレコルト)、堀厩舎、小島茂厩舎なんかも合いそう。

【2歳馬分析】
今回は、現時点で馬名決定済みの馬から厳選してお届けしましょう。

母チャチャリーノ(D)母母の血統がよく入厩済み。ただ角田厩舎が信用できない。
母セルキス(C)母父Monsunは微妙だが、早期デビューと須貝厩舎は魅力。「今までのハーツと違う」と言うコメントの受け取り方次第。
母デライトポイント(B)須貝ハーツならこっちが本命。オツウ全妹だし、母母父リアルシャダイは合う。
母アドマイヤミヤビ(D)友道厩舎は合うが、米血スタミナが弱い。
母ホットマンボ(C)血統は悪くない。安田厩舎の牝馬なので、マイル戦線で面白い。
母サビアーレ(B)母父Capoteはいい。ややスタミナが弱いが、牝馬なので大丈夫とみる。



東京ホースレーシングの2頭(母デライトポイント、母サビアーレ)は共に速攻系として狙ってみて損はないと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。