このブログは何年続くのかな…
まずは業務連絡。POG的厩舎分析は5月18日(水)、種牡馬分析は5月25日(水)にアップします。厩舎分析は関西の微妙な厩舎をチョイスしたので、読み物として結構面白いと思いますよ。種牡馬分析の方は、社台復権のカギを握る(と思われる)あの馬で一本いこうかと思ってます。

今週はPOGの勉強に時間を割いてますので、予想は簡単に。

東京11R ヴィクトリアマイル
このレースのポイントは以下。

・マイル戦ではあるが、後傾ラップになりやすい。高速上がりは必要。
・先行馬が残りやすい。差し馬も来れるが、強烈な一瞬の脚を持っている馬がいい。
SS系必須。あとは米血短距離血統が合う。Deputy Ministerあたりがピッタリ。


はい結論。

◎レッツゴードンキ
○スマートレイアー
▲シャルール
△1.4.6.7.10.15

◎レッツゴードンキ。マイルの後傾ラップで桜花賞を勝っている馬。前走の高松宮記念でも最後ちゃんと伸びているし、能力が劣っているとは思わない。先行して粘りこむことは十分に可能。○スマートレイアー。近2走と同じような競馬は難しいと思うが、展開の利はあるし、高速上がりも使える。▲シャルール。内枠先行馬。ソコソコの高速上がりが使えるので、うまく立ち回れば一発ある。

今回は◎○▲の馬単BOXを買っておく。あとは3連複◎○▲-◎○▲-◎○▲△を強弱つけて。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
メイショウマンボさんに期待しつつ……
2016/05/15(日) 15:39 | URL | n #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する