このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空白の3か月(10)です。

2015年2月某日
さて転職活動スタート。軽く下調べしたところ、転職活動とはこんな流れらしい。

1、転職専用サイトに、まずは登録(リク○ビとか)。
2、転職専用サイトから転職エージェントと接触し、書類選考・面接までの事務処理をお願いする。
(※上記以外の方法もありますが、私のように働きながら職を探すタイプは、この方法が一般的らしい)



どうやらこの転職エージェントってのがカギを握るらしい。我々のような求職者からすれば、自分に合う企業を選別してくれるし、面接の日程調整までやってくれる。しかもタダ。持っている情報量も多いし、これは活用するしかない。逆に企業側としても、希望する人材を募集して、選考して、日程調整して、というめんどくさい作業をしてくれる転職エージェントは、手数料を払ってでも活用する価値がある。簡単に言うと、転職エージェント=人材を扱う商社ですな。

ということで、まずは必要な書類を作って転職サイトにアップすることに。またこの際に希望する職種を書くのだが、今までと同じ「経理業」ってやってもキャリアアップにならん。よって以下の職種で登録してみた。

【私の登録職種】
製造業よりも、製造業以外を希望。
経理よりも、経営管理や経営企画などの上級職(?)を希望。



転職は初めてだし、アラフォーだしで、転職先が見つかるか不安だったのだが…こちらが思った以上に食いつき(?)がいい。どうやら「製造業、経理、ミドルクラス(35歳~40歳)」ってキャリアの人が市場に少ないらしい。結構な数のエージェントからメールがあって、まずは一安心。ただ…よくよく見ると、ホントにこちらの経歴書を読んでるのか?ってのもかなり多い。「あなたにオススメの経理職!」とか「年収○○○万円!」(←希望と全然違う)とか。こんなエージェントだと、こちらの都合よりもエージェントの都合を優先されそう。よって、まずは私のアップした書類をきちんと読んでいそうな転職エージェントを優先的にピックアップ。優秀な転職エージェントをきちんと選ばないと長期化するし、私の場合は都内にしょっちゅう出ていけないので、出来るだけ一撃必殺で決めたいと思ってたんで。

2015年3月某日
まずは一社目の転職エージェントと会ってみた。ここはコンテンツ産業に強いエージェント、とのこと。コンテンツ産業は若い会社が多く、またイケイケドンドンな社長も多いので、我々のようなミドルクラスで守備が出来る人材は貴重、とのお話。そこで、まずは一社ほど面接に望んでみることに。

2015年3月某日
いざ15年ぶりの面接。いちおう企業名は伏せておきますが、「ニッコリ笑う感じの動画サイトが人気の、超有名企業」です(わかるっつーのw)。内容を詳細に書くとアレなので、話した感想を箇条書きで。

【先方からの話】
・あなたの職歴、経歴は全く問題ない。
・今すぐ入社してくれる戦力が欲しい。4月1日とか。
・残業は70~80時間くらいやってる。業績拡大してるんで超忙しい。



いやいや待てい。労働基準法に引っかかってんじゃん(注:今の会社でも十分引っかかってますw)。それに4月1日入社はムリ。今の会社で6月まで勤めるって決めてるし。以上より、能力の条件は合うが、労働条件が合わないという結果。双方が「これはムリですね」と合意の上で不採用。なるほど、こういう落ち方もあるのね、当たり前だけど。ちなみに、面接してくれた人はすごくいい人でした。少なくとも、今のクサレ人事よりは確実にw

さあ、転職活動は上手くいくのか?空白の3か月(1)で結論出てたことは見なかったことにして(11)に続く。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
買収仕掛けた社長(会長か)が日本刀振り回すイメージなんか無いなあ…
2015/12/16(水) 06:19 | URL | n #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。