このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年のPOGドラフトで最高評価をした1頭、リオンディーズ(母シーザリオ)が楽勝。ほっと一息。

京都11R マイルCS
このレース、ポイントは以下3点。

・高速上がりを使える先行馬が最も有利。
・強烈な決め手を使える差し馬は次点。
・高速馬場だけに、持ち時計を持っている馬が有利。


今年の逃げ馬にはレッツゴードンキ・カレンブラックヒルがいるのだが、陣営は「ムリしない」と煙幕を張っている。レッドアリオンも先行しそうだが、本質は逃げ馬じゃないためテンは遅い。よって今回はペースは緩むと予想。となると、有利なのは先行馬で高速上がりを使える馬。はい結論。

◎アルビアーノ
○サトノアラジン
▲フィエロ
△レッドアリオン

◎アルビアーノ。高速馬場向きの血統で、高速上がりを使えるし、位置取りは自由自在。スワンSを完勝しており、現在の馬場への適性も証明されている。自信の◎。○サトノアラジン。高速上がりではこの馬が一番。位置取りの鬼・ルメールなら、後ろすぎる位置は取らないはず。中団につけられれば勝機も。▲フィエロ。これも高速上がりは使える。ただ上がり最速を記録するほどの脚ではないため、展開の助けが必要。△レッドアリオン。高速上がりを使える逃げ馬。上り坂まで単騎でいければ、意外と逃げ残ってしまうのでは?

モーリスは当然マークしたいが、一頓挫あったあとの人気馬は買いにくい。イスラボニータは上がりの脚があまりないのが気がかり。両馬とも3連複の相手なら入れたいところ。

◎から馬連ワイド。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。