このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今季のG1戦線も非常に「私らしい」ハズし方をしております。スプリンターズSは○-△で縦目、秋華賞は◎アンドリエッテ(7人気4着)でハズレ。点数広げれば当たるとも言えないだけに苦しい…。今週は菊花賞ですが、去年の成績といえば◎ゴールドアクター(7人気3着)で相手抜け。もはやイヤな予感しかしない。

京都11R 菊花賞
このレースは年々レースレベルが下がっているため、能力の高さよりも血統の傾向が強く出る。その血統だが、ロベルト系、ニジンスキー系の米血スタミナを狙うのがまずは鉄則。リボー系、ハイペリオン系が次点で続く。はい結論。

◎サトノラーゼン
○ミュゼエイリアン
▲ワンダーアツレッタ
△3.4.5.6.9.11.14.15.17

◎サトノラーゼン。絶好枠を引けたし、母父ロベルトも合う。京都外回りの京都新聞杯を勝っており、適性も高い。普通にいけばこれか。○ミュゼエイリアン。去年のゴールドアクターと同じスクリーンヒーロー産駒。ロベルト直系であり、京都外回りはピッタリだろう。とはいえ、SS直系ではないので2-3着付で買いたいところ。▲ワンダーアツレッタ。米血スタミナを持っており、前傾ラップでの好走実績もあり。やや血統が古臭いのだが、ハイペースになればこういう古い血統の馬が浮上するはず。

◎-○▲の馬連と、ワイドの代わりに◎-○▲-○▲△の3連複を。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
無理は承知。◎スピリッツミノル
逃げ切れ!
2015/10/25(日) 15:06 | URL | n #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。