このブログは何年続くのかな…
福島・新潟・長野遠征記(2)です。今日は福島競馬場での一コマを。

やってきました福島競馬場。当日は小雨が降っていたが、涼しくて過ごしやすかったですな。猛暑よりは全然いい。施設は意外と広くて開放感があり、清潔感がある。ローカル開催の競馬場が汚いイメージというのは、もはや完全に払拭されてます。以下、初参戦の感想を。

・競馬場はかなりキレイで、さらに迫力もあり。
場内は清潔感があり、内馬場には公園もあって、さらに「ふれあいポニー」みたいなイベントもあり、家族を連れていきやすい競馬場ですな。入場料100円だから、公園として考えればかなりコスパ高いです、馬券さえ買わなければw また芝コースは幅が広くないので、外ラチ沿いにいるとサラブレッドが目の前を走る。これはかなり迫力ありますよ。競馬見たことない人を連れていくと喜ばれると思う。

IMG_1713.jpg
目の前をサラブレッドが走るのは迫力あり!

・食べ物はソコソコ。
福島競馬場グルメをいろいろ見たが、ちょっとお値段高めで微妙なラインナップ。我々は福島ということもあり、喜多方ラーメンを食べたが…府中の売店でも普通に売ってないか、あと内馬場にはもうひとつの福島名物・ソースかつ丼も売ってたが、小さいお弁当箱で1,000円って…微妙すぎ。お弁当持ち込んで、芝生で食べた方がよさそうね。(※ソースかつ丼は会津若松の名物らしいです)

・のんびりムードで、若い女性が多い。
小雨の降る天気だったからか、入場者数はソコソコで、終始のんびりムード。また「ガッツリ馬券買います!」みたいな女性グループをチラホラ見かけた。総合するに、福島競馬場は「気軽に楽しめる娯楽施設」であり、若い人にとってはラウンドワン行くような感覚なのかも。ボーリング以上に仲間と楽しめ、カラオケ以上に大声は出せる施設だし。

なお、私は今回3レースほど買ったが、直線で大声を上げることはなく、終日「ふーん」状態で終了。楽しくない。

IMG_1715.jpg
のんびりムード。

IMG_1714.jpg
9Rくらいでこの混み具合。これなら遊びにいきたくもなるね。

こうして軽く馬券をしばいた(しばかれた)後は福島のホテルへ。福島は温泉がかなり多いらしい。関東近郊で温泉といえば箱根・草津あたりに目が向くが、いやいや福島もかなりのもの。磐梯山が噴火するくらいだから、当然っちゃあ当然か。さて、今回は競馬場から近い温泉地で探してみると飯坂温泉が良いらしい。今回の宿も温泉付きで探して、息子(♂3)にも「温泉だから、一緒に入ろう!」などとノリノリにさせておいて、いざチェックイン!

窓口「あの…当ホテルは温泉じゃないんですけど」
大生「またまたご冗談を」
窓口「大浴場もないです」
大生「じゃあ、どこに温泉が?外ですか?」
窓口「いや、当館には大浴場がないんです」

言ってる意味がわからないまま部屋に入ると、どうみてもただのビジネスホテル。どうみても堂々たるユニットバス。どうやら宿を検索時に「温泉」というカテゴライズが外れ、その結果、ただのビジネスホテルを取ってしまったらしい。出張に来てるんじゃないぞこの野郎!。今考えれば、温泉宿なのに4,800円って安すぎるよなー。ヨメには「秘密基地みたいで、たまにはいいんじゃない」とは言われたが、競馬で負けて、温泉宿で負けて(←勝負になってない気がする)、初日は惨敗で終了。ヨメと息子よすまん、明日は月岡温泉だから、温泉のはずだ(←自信なし)。

(3)に続く。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する