このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
POGの勉強、全然進んでない。ヤヴァイ。

東京11R NHKマイルC
去年の勝ち馬は何だっけなー、と思って自分のブログを振り返ると、1着のマイネルホウオウに◎打ってる。全然記憶がないw ということは、去年の狙い方でいいということだろう。

このレースのポイントは以下。

・差し馬で、上がり最速を使える馬が有利。
・ペースが速くなるので、前掲ラップ実績が必須。
・先行して強い短距離血統、差して強い中距離血統を狙うべし。
・プリンスキロ系、マンノウォー系の影響が強い馬は、NHKマイルで好走しやすい。


最も合う血統は、上がり最速を使えるSS系と、短距離ハイペースで強いデピュティミニスター系、ということになる。これらを踏まえて、はい結論。

◎ピークトラム
○ショウナンワダチ
▲ロサギガンティア
△サトノルパン
×13.14.16

◎ピークトラム。チチカステナンゴ×スペシャルウィークの配合なのに、なぜこの馬に◎なのか。それはこの馬の母・タッチザピークの血統が素晴らしいから。SS×ミスプロ系×デピュティミニスター系と、NHKマイルCにドンピシャの構成。そしてもう1つ。「あの」新潟2歳Sでの3着馬というのも強調材料になる。1着ハープスター、2着イスラボニータと好勝負を繰り広げたこの馬が、前述2頭に次いでG1制覇…有り得ない話ではないと思うが。○ショウナンワダチ。ショウナンカンプ×父クロフネの配合は、短距離血統の強いこのレース向き。差し脚質もいい。▲ロサギガンティア。血統は合うし、1800mのG2勝ちという実績はここなら大威張りできる。ハイペース経験がないので、ここをクリアできれば。△サトノルパン。中距離血統の最後方ブッ差しに注意を払って印を回す。鞍上ユタカはこういう競馬をさせると心強い。

ミッキーアイルは切る。NHKマイルCの舞台は差し有利であり、逃げ馬はことごとく潰れてきた。確かに馬は強いと思うがが、今回はダンツキャンサーが内にいる以上、そうは楽な逃げにならないはず。

◎から馬連ワイド。今回は◎が16人気のため、手広く押さえておく。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。