このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週は京都金杯が当たり。今日も一口持っているレッドルシファーが新馬1着。競馬は幸先良いですな。スロではスカスカにやられましたが…

京都11R シンザン記念
基本的に、この重賞はスピード勝負になりやすいため、1200m~1400mっぽい血統を狙うのがベスト…と言いたいところだが。今年はミッキーアイル・ウインフルブルームと、先行馬2頭が引っ張る流れになる。例年よりもスタミナが必要なレースになるだろう。なおかつ、前述2頭がやりあうだろうから、前を見ながら進められる、スタミナ系差し馬がベストだろう。はい結論。

◎タガノグランパ
○モーリス
▲アグネスミニッツ
×ミッキーアイル、ウインフルブルーム

◎タガノグランパ。内枠差し馬でスタミナ血統。距離短縮もピッタンコ。鞍上・北村友が気になるが(マツパクの期待度の表れとして)、馬の適性はかなり高いとみる。○モーリス。芝1400mを勝っているが、血統は中距離のもの。距離延長も苦としないだろうし、前がやりあう展開はこの馬にとってもありがたいはず。▲アグネスミニッツ。中距離向きスタミナを持つ内枠馬。ついていけるスピードがあれば。×は人気2頭。能力こそ認めるが、展開が厳しくなればどちらかが脱落する可能性が高いと読む。

◎-○▲の馬連ワイドと、◎-○▲-○▲×の3連複(5点)。今日も振り回します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。