このブログは何年続くのかな…
これから新横浜ウインズに行ってきますので、能書きはなしで、いきなり予想に入ります。

中山10R 有馬記念
このレースのポイントは以下3点。

・タフなレースになるため、前傾ラップでの好走実績は必須。
・今の馬場は時計が掛かっている。ヨーロッパ系スタミナ血統がベスト。
・リピーターレースであり、宝塚記念と直結しやすい。


この3点が有馬記念の基本事項なのだが、今年はこれに加えて、この条項も付け加えておこう。

・2013年の天皇賞(秋)、ジャパンカップは直結しない。

今年の秋古馬G1は、ラップからも血統からも、全く直結する感じがしない。ここの成績は参考外でいいだろうし、ここで惨敗した馬は、他のファクターから予想した方が良いだろう。ついでに書いておくと、アルゼンチン共和国杯組もイラナイでしょうな。ここからの参戦馬って、常に穴人気して、常にぶっ飛ぶ(しかも惜しくも何ともない負け方)。私は買いません。

簡単ですが、はい結論。

◎ウインバリアシオン
○デスペラード
▲トーセンジョーダン
△オルフェーヴル
×ゴールドシップ、ダノンバラード

◎ウインバリアシオン。ヨーロッパ血統で絶好枠。ダービーなどで厳しいレースも体験済。オルフェ世代の絶対的ナンバー2であり、この馬が復権してくれば当然好勝負になる。前走もプラス30kgで3着、叩き2戦目で大幅上昇があればイケるはず。○デスペラード。血統がドンピシャで絶好枠。スタミナ勝負バチコイだし、今年のメンバーは正直弱いので、ステイヤーズ組でも何とかなるはず。▲トーセンジョーダン。トニービン系は有馬記念に相性抜群であり、大外枠だからといってマークを外す訳にはいかない。△オルフェーヴル。正直、買いたくない。臨戦過程は2年前よりも落ちるし、前走の凱旋門賞が渾身の仕上げだったし。ただ、今年は相手が弱いのも事実。イヤイヤ来ちゃう?

×ゴールドシップ。リピーターレースなのは理解するが、ここまで安定感がなくなってしまった人気馬は買いにくい。3連単だけ押さえるが、来るならピンかパーなので、マークカードには1着欄だけ埋める感じで。×ダノンバラード。これは血統が合っていないが、最内枠で宝塚記念2着の実績あり。こっちは勝つことはないだろうし、2・3着欄にマークする感じで。

◎-○▲はいつものように馬連ワイド。◎-△は馬連だけ。3連単は×を加えてちょっとだけ買う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
トーセンからの勝負にしました。
ウインバリアシオンは私も厚めに買ってます。
2013/12/22(日) 13:53 | URL | n #-[ 編集]
nさん、コメントありがとうございます。年明けてしまって申し訳ありません。
トーセンは大外枠だったとはいえ、ちょっとJCで走りすぎちゃった感じ。有馬記念にトニービン系は間違いなく合うはずなので、来年以降、トニービン系の巻き返しに期待しましょ。
2014/01/04(土) 14:52 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する