このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は午前中は仕事、午後はやっと休み。予想間に合った。

京都11R エリザベス女王杯
いまテレビ見たら大雨ですな。それを踏まえて、ポイントは以下3点。

・重馬場G1は、リボー系が強い馬が有利。逆にSS系はそこまで強くない。
・欧州血統が強い。逆に米血は合わない。
・リピーターレース。去年好走した馬には要注意。


1番目のポイントだが、リボー系が強い馬は高速上がり脚が使えないので、良馬場では取りこぼしが多い。これが雨降り馬場になると弱点が消えるため、G1で穴を開けやすいと考えている。ちなみに、去年のレインボーダリアも父母父がリボー直系である。

簡単ですが、はい結論。

◎ミッドサマーフェア
○ヴィルシーナ
▲デニムアンドルビー
△トーセンアルニカ、スピードリッパー

◎ミッドサマーフェア。父タニノギムレット、母父キングカメハメハ、どちらもリボー系をもっている。前走は不利があっての10着だったが、着差は0.3秒と状態は悪くなさそう。インの絶好枠も引けたし、鞍上は絶好調の福永。もう一丁こい。○ヴィルシーナ、▲デニムアンドルビーは普通に。△トーセンアルニカ、スピードリッパーは血統からチョイス。

◎から馬連ワイド。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。