このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの通常更新になります。本日は予告していた通り、シンガポール遠征記でいってみましょう。

海外遠征ですが、前回の中国遠征に次いで2度目となります。うちの会社はアメリカ、中国、シンガポール、香港、台湾、イギリスに重要拠点があるんですが、今回は前回に引き続き、拠点の経理部門監査。6泊7日と結構な日数で行ってきました。さて今回はどんな目に…ではなく、どんな体験ができるのか。

6/16(日)
この日は成田-シンガポール間の移動日。朝6時に自宅を出て、成田エクスプレスを使って最速で移動したが、それでも空港まで3時間弱かかった。フライトの2時間前には到着の必要があるから…出国までに5時間かかる計算。いやー、海外出張って大変だね(←まだ出国してない)。

11時にいざフライト。乗ったのは渦中のボーイング787。マスゴミには散々な言われようでしたが、設備は新しいし座席も広い。そして機内食もウマイ。なかなか快適だった。だが7時間のフライトはやはりキツイ。座りっぱなしで動けないしね。着いてから立ち上がると、足がもたつくのは仕様なのでしょう。あと、どうしても退屈を持て余してしまうので、飛行機には寝不足で乗るべきですな。アルコールをバカスカ飲むのもあり。

IMG_4357.jpg
これはJALの機内食。意外と美味いのでびっくりした。機内食がマズイのは過去の話なのか、日本の機内食が特別に優れているのか、それとも私がバカ舌なだけなのか。

7時間後にシンガポール到着。事前調査で「日中は35度くらいになる」と聞いてたが、到着するなり厳しい陽射し。まるで馬券を大ハズシしたときの、ヨメさんの眼差しのようである。現地時間で17時なのにこれでは、先が思いやられる…と思ったのも束の間。私はシンガポールの本当の恐ろしさを目の当たりにすることになる。


暑くない。


35度なのに暑くないわけねーだろ!お前はニワトリかこの野郎!という罵声が飛びそうだが、本当に暑くない。その理由は空調にある。空港内はもちろん、移動のタクシーホテルなど、全てクーラーがバリ効き状態。日本で節電してるのがバカに思えるくらいに電力使いまくり。ちなみに「ヒートアイランド状態で暑いんじゃねーのか」とも思ったが、口に出すのは無意味と考えてヤメた。だって、いくらヒートアイランドになっても、それ以上に空調使えばいいもんね。設定温度とか関係なしだし。ビバ青天井。

2日目に続く。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。