このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GWも明け、いよいよPOGドラフトシーズンに突入です。最近はブログやらツイッターやらで生の情報が入ってきたりするので、「馬を見る目」よりも「情報戦」になりがちなPOG。しかし情報を鵜呑みにして勝てないのもPOG。難しいゲームですなぁ。何にせよ、あくまでゲームという点は忘れないで、楽しんでいきたいもんです。

そんな今日は毎年恒例の種牡馬分析で一本。今回のお題は、ついに来ましたリーディングサイアー。

ディープインパクト
di.jpg

ディープインパクト(以下DI)はPOGドラフトでは避けて通れない種牡馬。そして良血牝馬との配合が多いため、血統ではなく「母の能力」で走ってしまう種牡馬でもある。血統だけでアタリを絞り込むのは難しい気もしているが…さてどう出るか。

【血統的見解】
DIはサンデーサイレンス×Alzaoの血統。一見、スタミナ血統が多く思えるが、実はスピード血統もかなり多いのが特徴。Fair Trial系、Halo系、Native Dancer系との相性も良いので、スピード血統ならば何をつけてもソコソコ走る種牡馬であると言える。ただし、クラシック狙いなら単調なスピード血統だけではダメで、欧州スタミナ血統が必須となる。まず基本のHyperion系は当然合う。そしてBlenheim系も相性が良い(母父Alzaoがピッタリ)。このヨーロッパ系スタミナ血統のいずれかを入れておけば距離不安に泣く可能性は低くなる。

逆に、アメリカ系スタミナ血統は極端に相性が悪いロベルト系、シアトルスルー系、ニジンスキー系(※スピード血統の豊富なカーリアン系は除く)は全く合わないし、そもそもTom Fool系が5代以内に入っている馬は全馬オミットでも構わないくらい、致命的に合わない。リボー系も合わない。DIならではの高速上がりを封じてしまうのだろう、ズブい馬が多くなる。

さてここで問題となるのが、巷で「走る」と話題の、母父Storm Cat系、母父フレンチデピュティである。DI産駒の走るパターンとは、前述の通り「米欧スピード血統のいずれか+欧州スタミナ血統」である。ここでStorm Cat系、フレンチデピュティ系の良い点は「米系スピードはあるが、米系スタミナは少ない」という点だ。この2系統からはスピードだけを補充しているから、問題ないのだ。さらに母母父にスタミナ血統を入れてしまえば、キズナのように距離も持つようになる。同じことはMr.Prospector系にも言える。Mr.Prospector系の中でも、アメリカ系スタミナ血統が少ない母父ならば合うのだ(欧州スタミナを持っていればなおよし)。活躍馬にはレッドオーヴァル(母父Smart Strike)、ダノンバラード(母父Unbridled)、トーセンラー(母父Lycius)、デニムアンドルビー(母父キングカメハメハ)などがいるが、これらは全てアメリカ系スタミナ血統が弱い。逆にMiswaki系、ウッドマン系、アフリート系などは地雷臭がかなりキツくなるのでオススメできない。

【POGでの狙い方】
DI産駒の場合、母方のスタミナ血統の有無で、距離適性が露骨に変わってくるのが特徴。これをPOGに活かすなら…

・マイル以上の狙い方…母父がヨーロッパ系スタミナ血統を持つ馬を狙え!
・マイル以下の狙い方…母父がアメリカ系スピード血統を狙え!


POGはクラシックを取った者が勝者となるゲーム。クラシックは牡牝で距離が異なる以上、DI産駒は牡馬・牝馬で取るべき血統が違ってくるはずだ。POG的にはここが他人と差をつけるポイントと言える。

もう1点。DI産駒は母父次第でスプリンターにもステイヤーにもなる種牡馬である。よって「速攻系でも活躍は可能である」と言いたいところだが…夏競馬は基本的にアメリカ血統の方が強いので(特に新潟・小倉)、DIにはあまり馬場が合わない。よって速攻系を取る場合は北海道デビュー馬がベター。もし新潟・小倉デビュー馬を狙うなら、ガチガチのアメリカ系スピード馬なら可能性はある(サイレントソニックみたいなパターン)。私はこういう配合は好きじゃないですが(夢がないので)、ここらへんは各人のお好みでどうぞ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
待ってましたよ。
方向性は同じ感じだったので、ホッとした様な残念なような。

個人的には母父以上に、母母を重視してます。
母父は誰でも注視するので、差をつけるなら。
お陰で該当産駒が少なく、今のところ2歳馬の該当馬は1頭だけ。
3世代で14頭該当馬がいたので、後3頭ぐらい出てきてもいいはず。

ちなみに14頭の内11頭が中央勝ち上がり、内5頭が重賞で連対してました。
2013/05/09(木) 22:08 | URL | コウ #-[ 編集]
コウさん、毎度どもです。
ディープ産駒ですが、難しい種牡馬なのは間違いない。1~3世代を見てみましたが「完璧」といえる配合の馬はいなかったし。おそらくNFとしては、配合よりも「優秀な牝馬をつけた」ぐらいの感覚なんでしょう。

母馬の能力がスゴければ、産駒はそれなりに走ります。そしてDI産駒は特にその傾向が強い気がします。だからこそ難しい。

今度、酒でも飲みながら、コウさんのノウハウを教えてくださいな。
2013/05/12(日) 15:01 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。