このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土曜日は出社で予想できず。四半期決算でとっても苦労しており、月曜日の祝日も出社予定。みんな倒れるんじゃないかってくらい働いてるんですが、なにせ人手不足。一回、決算の締切に大穴開けてやらないと、上層部は分からんのかな。

そんな今日は束の間の休日。まだヨメさんと子供が寝ているのでPCから予想。

京都11R 日経新春杯
本来、京都外回りは能力差が直結しやすい。しかし今年は低レベルメンバーなので、ポイントは以下2点となる。

・欧州ND系(ヌレイエフ系、サドラーズウェルズ系、リファール系)が必須。ニジンスキー系もいい。
・先行馬有利。最初の直線が長いので、枠にはあまりこだわらなくてもいいかも。


このレース、過去5年の連対馬すべてが欧州ND系&ニジンスキー系を強く持っている。3着以内馬に広げても、非該当は去年の3着馬・マカニビスティーのみ。ここまで血統が強く出るコースはあまりない。人気サイドではムスカテール・オールザットジャズがこの傾向から外れている。

以上を踏まえ、はい結論。

◎ナムラオウドウ
△カルドブレッサ、メイショウウズシオ、カフナ、ダコール

◎ナムラオウドウ。はい14番人気に◎出ましたw 血統は欧州系がかなり強いし、何より全兄・ナムラマースは4年前にこのレースで2着。合わないワケがない。鞍上は乗り慣れた北村友だし、好位につける騎乗をしてくれれば。

◎が超人気薄なので、△は4頭にしてやや手広く、馬連ワイドで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。