このブログは何年続くのかな…
中国遠征記(5)です。今回が最終回。

10月27日(土)中国遠征7日目
毎日ヘロヘロになりながらも、ようやく帰国の途に。ヘロったのは仕事のせいか、酒のせいかはご想像にお任せ。

さて最終日と言えばおみやげですな。空港に着いてから1時間ほど物色してみたんですが…どうにも喜ばれそうなものがない。

お酒…高級酒(ウイスキーとか)があったが、個人的には興味なし。職場に買ってくもんでもないし。
食べ物…見た目も製造過程も怪しげで、とてもおいしそうに見えない。むしろ煙たがられるとしか思えん
グッズ…名物はハンコっぽいが、あれなら日本の痛印堂さんで作った方が楽しい。

食べ物系で惹かれるものが全くない時点で、手詰まり感アリアリ。そういや、中国からのおみやげって食べたことないもんな、何が入ってるかわからんし。でもおみやげを買って行かないと困るってんで、選んだのがコチラ。




bono.jpg
やっぱ日本製でしょ!と、羽田空港の食品街で買ってみました「東京ぼーの」。中国行ったのに、羽田みやげの方が嬉しいでしょ絶対。実際にとっても好評でした。羽田みやげってのも案外新鮮らしい。

そんなこんなで1週間の長旅終了。以下、まとめに入ります。

・体調について
出張の間、毎日飲み歩いていたのに体調は悪くない。恐らく、その要因は規則正しい生活にある。日本だと22時まで仕事⇒23時から夕飯、って感じですが、中国に居た間は17時まで仕事⇒18時から食事だからね。あと、確かに脂っこい食事はしてたんですが、寝るまでに消化する時間があったせいか、胃もたれも特になし。健康状態はむしろ改善したかも?

・食事について
中国では生野菜というものがアリマセン。農薬つきまくりだから、みんな食べたがらないらしい。よって全ては油通しが基本。中華料理の秘密は、食材の衛生状態にあると見た。そういや、会社での昼食時に皮付きのリンゴが配られたんですが、従業員みんなで水道でゴシゴシ洗ってたのが印象的。そんな簡単に農薬なんて取れねーだろw 私も勧められましたが「もう胸がいっぱいで」と言って丁重にお断り。腹の具合なんて関係なし。

・携帯電話について
通話もネットもバカ高いので使わない方がいいが、wi-fiなら無料で使える。ホテルにはLANがあるので、スマホを使うなら無線LAN用の器具を持っていくといいかもしれませんな。自分が持っているのは小型のやつなので、今度持っていってみようかなと思っとります(二度と行かないけどw)。実際、ドラフト会議の結果はホテルから見れたし。

・出張で役に立つもの
着替えや常備薬以外で、意外と使えるものをいくつかご紹介(備忘録という意味もあるが)。

まずマウスウォッシュ(リステリンとか)。正規の使い方もするんですが、うがい薬として大変役に立つんですな。中国って空気悪くて、すぐにノドを痛めそうになるんで、休憩時のうがいは絶大な効果を発揮します。続いて石鹸。中国のホテルに置いてあるのって、全然泡立たんのです。体を洗ってもキレイになった気がしない。出張であれば短期・中期問わず、石鹸1つ持っていくと非常に便利。出来ればシャンプー系も持参したいところ。PSP・DSなどのゲーム機も欲しい。とにかく中国には娯楽が何もないので、本を持ってってもすぐに読んじゃう。ゲーム機はかさ張らないので、何か持っていくと間が持つ。空港での待ち時間やフライト中も使えるしね。もちろん、ソフトは多めで。そうそう、もう1つ。キャッシングが出来るクレジットカード(VISA推奨)は大事ですな。中国で両替するのって面倒くさいんですよ。言葉は通じないし、通じたとしても換金率が悪い。そこで、中国の銀行に行ってキャッシングですよ。話さなくても何とかなるし、手持ちのお金も減らない。これは必須と言ってもいいかもしれん。

さて今回は中国遠征記でしたが、私の会社は輸出比率80%超であり、次の機会も思ったより早く訪れそうです。次はアメリカか、シンガポールか、台湾か。なんて言ってても、次回もまた中国なんだろうな。イヤだー!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する