このブログは何年続くのかな…
先週アップした「ようやく解散」のエントリーのコメントにて、維新の会・橋下代表代行についてどう思うか?というコメントを頂きました。せっかくなので、今日はその話題で一本。

まずは、橋下氏に対するこれまでのエントリーを並べてみます。

・橋下知事(2008年2月14日)
・続・橋下知事(2008年2月15日)
・マトモな政治家がバカな政治家に勝った選挙。(2011年11月29日)

基本的には「賢い」「やる気がある」という点を非常に好意的に見てます。ですが、太陽の党と合併したあたりからキナ臭さを感じてきた、という人も多いのでは。そんな中、私はどう思ってるか…まずは結論を先に書いてしまおう。

私の、橋下氏に対する評価はあまり変わっていない。非常に期待している人物である。
ただし、国政進出によって不安に思う点は、確かにある。


以下、私が現在の橋下氏についてどう思ってるか、箇条書きにしてみよう。

は期待したい点、は不安な点)
やる気や情熱に変化はなく、論理力はある。人物としては申し分ない。
特定の組織とのしがらみは感じず、あくまで自分のロジックで動く。
太陽の党との合併は「妥協した」ように見える。だが結果としていい方に向くと見る。
橋下氏の売国は「まず売国ありき」ではなく「結果として売国」となる場合が多い。
政治家としての経験、知識が乏しいのは事実。特に経済面はちょっと・・・
維新の会自体には、そこまで期待はしていない。監督としての力は未知数。



箇条書きにした中で、いくつか補足してみよう。

まず太陽の党との合併。これは橋下氏自身もジレンマを感じてるでしょうな。自我を押し通すよりも、議員数という「力」、石原慎太郎という「カリスマ」を手に入れるべき…そんな判断の下だったと見る。これを「ブレてる」と言う人もいますが、私から見れば「ブレてる」っつーよりも「妥協した」って感じかな。ただ結果として、橋下氏と同レベル、いやそれ以上の政治家を手に入れたというのは、政治家としての橋下氏を大きく変えるきっかけになるかもしれない。そういう意味で期待感の方が上に来る。

続いて「売国」の件。確かに「売国」と思われる発言はあるが、私には単なる売国には見えんのですよ。どういうことか。橋下氏は全てロジックで動くため「ロジック主導の結果として売国発言が出る」ということが多いように見えるんです。例えば「韓国との竹島共同管理」。言葉だけ見ると「売国」だけど、そう考えた理由は「ケンカするよりも、漁業海域での『実』を取るべき」という考えからでしょ。単なる売国とは言えない面もある。ただ…日本という国を考えた時に、あの発言はやっぱりマズイ。橋下氏のロジックに「日本国を守る」っていうのがあまりないことになっちゃう。そして、これが個人としてなら構わないが、今度は党首(実質)という立場。党全体に影響が出かねない発言はすべきではない。

せっかくなので、維新の会という党にも触れておこう。勉強会とかやってたけど、衆院選までに明らかに時間が足りてない。そして実質的に素人が多く、いきなり国会議員として働けるかというと疑問符がつく。維新の会のスタンスには感銘を受けることもあるが、維新の会の党員には正直あまり期待できないと思う(現職の国会議員は除いてもいいが)。あとは暴走発言が多く、党全体に影響が出そうな点も気になる。「プレイヤーとしては一流、監督としては二流」のような感覚は、なくはない。

以上をまとめると…地方のトップから、政党の党首(実質)になるわけで、これまでの政治的知識だけでは全然足らないし、ロジック至上主義はある程度脱却すべきだと思う。発言も慎重に行うべきか。ただ、人物的には全く問題ないと思うし、ロジック至上主義は強みでもある。そして行動力があるのも強み。頑張って欲しいと思う政治家であることは間違いない。

あっそうそう、最後にもう1点。マスゴミ(特に朝日系列)と仲が悪いってのは大きなプラスポイントだと思うがどうかw 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今、その朝日で、第四極とか、突然わいたかの単語が出てきてます。推測ですが、自民は、叩きたい、でも第三極は、橋下だから持ち上げたくない、で第四極wって感じに強引に持ち上げようとしているんだと思います。
かなり痛いです・・・
2012/11/23(金) 22:16 | URL | ゆきねい #-[ 編集]
>ゆきねいさん、毎度どもです。
橋下氏はなんか空回りしてる気がしますね。焦るのはわかるけど。政治家として大事な大局観とか、そういうのが足りてないのかも。ま、私が期待しているのは、そういう「政治家っぽくないところ」でもあるんですがね。

マスゴミは自民党の対抗軸として、どこを支持すればいいのか迷ってるように見えますね。民主はダメ、小沢もダメ、公明は自民と組んでるし、社民党はもうすぐ消えるw あとは減税とか亀井を持ち上げるしかないのかも?
2012/11/25(日) 12:24 | URL | 大生 #-[ 編集]
橋下は昔から好きじゃないんだよね。
発言が軽いというか、口が軽い。

政治家となっても、いらん事言ってトラブル引き起こしている。
よくよく発言を聞けば、真意は別のところにあるのに、言わなくていい事言って誤解され、揚げ足取られて、都合良言いよう切り取られて一人歩き。
政治家の発言の重さをちゃんと理解しているのか?

共同管理、先日のじゃんけん発言に、外国人地方参政権。
もっと別の言い方があっただろうに。
上に立つタイプじゃないんじゃないかな。
監督としては二流には賛成。

民主に横並んで、年金支給70歳引き上げ発言はがっかりですな。
年金支給開始年齢を引き上げれば、年金を支払うのを辞める人間違いなく増えますぜ。
年金の支給額より、生活保護の方が多いのだから。

で、おまけに高齢者の雇用を増やすために解雇規制の緩和って、年寄り雇うために現役世代を首切り易くするってこと?
あほか。
国策の失敗を企業に押し付け、
結局割を食うのは現役世代じゃないか。
これ以上経済の活力落としてどうする。

維新八策は生活保護者を増やすのが目的?

もうさ、年金事業清算して、これまでに収めた年金全額して欲しいわ。
新たな制度作るのはその後で。
2012/11/26(月) 22:17 | URL | コウ #-[ 編集]
口が軽いという指摘は強く同意です。軽いの極みの鳩ポッポを最近見ているだけに、それだけでも相当なマイナスイメージ
2012/11/27(火) 21:03 | URL | ゆきねい #-[ 編集]
橋下の「電力自由化すれば原発なくなる」発言があったので、チョイ追加。

電力自由化良くわからんと言う人は、↓を参考にどうぞ。

ttp://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/blog-entry-4466.html

やる夫シリーズの発送電分離のメリット・デメリットです。
電力自由化には発電と送電の分社化が必須なので、読めば電力の自由化の大まかなメリット・デメリットがわかります。
2012/11/28(水) 00:04 | URL | コウ #-[ 編集]
コウさん、ゆきねいさん、レス遅くて申し訳なし。
橋下は、やっぱり経済のこと弱そうですな。簡単に言うと、「費用」のことだけ考えて「収入」のこと考えてなさそう。「ムダを省く」だけでは経済って回らないんだけどねぇ。

まあ「収入」をマジメに話してるのは、いまのところ自民党だけなので、橋下だけじゃないけどね。民主党の野田なんて、デフレ容認してたらしいし。あほか。こんなのが前財務大臣だったなんて、景気良くなるわけねーじゃん。

電力自由化ですが、私も漫然と同じようなことは考えてました。市場原理は「需要と供給」の関係が根本にあるので、「絶対に需要があるもの」については例外じゃないの?と思ってたり。代替エネルギーが出来れば別ですが。
2012/12/03(月) 00:19 | URL | 大生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する