このブログは何年続くのかな…
京都11R 菊花賞
菊花賞は高速決着になってきたとはいえ、血統はコテコテのスタミナ血統が向く。さらにいえば、グリグリ1番人気のゴールドシップは差し・追込。穴を狙うなら前に行ける馬だろう。はい結論。

◎ゴールドシップ
○マウントシャスタ
▲ユウキソルジャー
△ベールドインパクト

◎ゴールドシップ。これはさすがに馬券圏内から消えるとは思えない。変に捻るよりも、ここから穴馬に流した方が効率はいい。○マウントシャスタ。実はスタミナ血統が多く、厳しい流れを先行しても問題ないタイプ。引っ掛かるのが心配だが、力を出し切れば◎にも決して劣らない。▲ユウキソルジャー。血統ピッタリの先行馬、思ったよりも人気になりそうな気もするが…。△ベールドインパクト。菊花賞とリンクしやすい京都新聞杯で2着。前走は完全に叩き台だったので参考外。また、鞍上・四位は最初から2着狙いのような騎乗をするのも、穴党としては買いやすい。

◎から馬連ワイド3点で。

いざ中国へ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私も予想させていただきます。

◎ゴールドシップ
〇ロードアクレイム
▲ラニカニツヨシ
△ダノンジェラード

能力的にはゴールドシップの1強、続くのはマウントシャスタ、あとはドングリの気がします。問題はマウントシャスタが3000?ってことです。
パフォーマンスを見る限り、どうみてもマイル~中距離までとみています。思い切って切り。
相手筆頭はロードアクレイムです。菊花賞は最速馬、上がりを残せる馬。ということで前走のパフォーマンスなら2着確保でしょう。
押したいのはその他の2頭。ラニカニツヨシは連続でずっと上がり2番手以内を残してきている馬。それは前走セントライトでも継続。内枠の距離延長が最も向くタイプではある。仕掛け所を間違えなければ。
もう1頭はダノンジェラード。本来ならば対抗評価にしてましたが、騎手と名前で評価を下げましたww
しっかし人気がないですねー。上がりは3戦連続最速、キャリアはすべて3着以内でこの人気ですから。たった4戦、しかも500万下の馬&三浦ってことが嫌われたかな?
セントライトでは速めに仕掛けて上がりは残せませんでしたが、3着確保。未知数な部分は否めませんが、一発あるはず。

馬券は馬連◎流しと三連複&単◎頭流しで。
2012/10/21(日) 11:16 | URL | es #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する