このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロ野球がいつの間にか開幕してました。本来ならば開幕前に書きたかった順位予想ですが、この時期になってしまって残念。でも毎年やってるし、いつもこの予想する時期が楽しいし、しっかり予想してみましょう。

まずは去年のおさらいから。

【2011年予想】
1位 ヤクルト
2位 中日
3位 阪神
4位 広島
5位 巨人
6位 横浜

1点を与えず、1点を取れるチームが今年は強いはず。ということで、今年の優勝予想はヤクルト。低反発球の導入で、最も恩恵を受けそうなのはこのチームだからだ。「大人のチーム」中日も強いが、ヤクルトへの苦手意識がそう簡単に消えるかどうか。先発投手が揃った阪神も当然Aクラス候補。この3チームが今年の軸になると予想。

逆に、今年低迷が予想されるのは巨人。中継ぎが整備されず、一発に頼った攻撃からも脱却できていなければ、終盤の接戦に弱いはず。広島は中継ぎは揃っているし、機動力を使えるので、今年は面白いシーズンになりそう。福井・今村・新外国人あたりが覚醒すれば、Aクラスだって夢じゃない。横浜は投手層が薄すぎるのがね…フロントがやる気ないし、今年も厳しい。



【2011年前半戦結果】
1位 ヤクルト
2位 中日
2位 阪神
4位 巨人
5位 広島
6位 横浜

【2011年結果】
1位 中日
2位 ヤクルト
2位 巨人
4位 阪神
5位 広島
6位 横浜

前半戦はドンピシャだったんだけど、ヤクルト阪神の失速が予想以上だった。キャンプ見てたら前半戦は予想がつくけど、後半戦はケガ人とかが出て読みにくいですな。でも、どっかの評論家よりは当たってるんじゃない?

では今年の予想。今年はチーム別に行きます。

【中日ドラゴンズ】
ベンチ内の加齢臭が凄そうですがw、チーム力としてはそれほど落ちた感じはない。先発投手は両手に余るほどいるし、浅尾・岩瀬を筆頭とする中継ぎ陣も健在。投手力だけならブッチギリでセ・リーグトップ、ここは揺るぎない。

問題は打者陣だが、こちらは山崎加入が意外と大きい。確実性のある打撃だけに、ポイントゲッターとして働くことが出来るだろう。疲れが見えてもブランコがいるし、ここを上手くやりくりすれば、打力アップにつながるだろう。そもそも、去年以上に打てないことはちょっと考えづらい

あとは落合監督の抜けた穴だが…今年は落合が育てて残してくれた「遺産」があるし、高木監督もそんなにバカな監督ではない。現状維持でも十分勝負になるだろう。

結論:現状維持。落合監督のマイナスはどこまで響くのか。

【ヤクルトスワローズ】
ここは本当に補強と育成がうまい。青木が抜けた穴は大きいはずなのに、上田を育て、比屋根・ミレッジを獲得したことで、青木のマイナスをマイナスと思わせていない。投手陣は林昌勇こそ出遅れそうだが、バーネット・松岡ならば大崩れはないだろう。そしてこのチーム、名将の可能性が高い小川監督がいる。セ・リーグはまともな監督が少ない分、これは意外と大きいとみる。

結論:現状維持。青木が抜けてもこれだから凄い。

【読売ジャイアンツ】
「大補強」と騒がれているが、実際はそんなことない。村田ラミレスとの交換だし、杉内・ホールトンだって去年以上の働きはまず無理。そして何より、一番補強すべきだった、手薄な中継ぎ陣が全く手つかずの状態なのは痛い。去年とどこが変わったの?としか思わない。去年と同様に、夏場に失速して、終盤に逆転負けを食らいまくり、原監督の涙目でビールが旨い、という1年になりそうだ。

結論:現状維持。夏場のビールを旨くしておくれ。

阪神・広島・DeNAについては(2)に続きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。