このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は朝イチに宅急便登場。「朝っぱらからなんだ?」と思って開けると…実家から干物(まだ半乾き)とカニが入ってた。干物は大好きなんですが、問題がひとつ。食べるのは私とヨメさんの2人なのに対し、届いたのはカレイが15匹、メギスが30匹。大変うれしいんだけど、そろそろ「加減」というものを覚えてもいいと思う。

では今日は中山記念の予想。先週はフェブラリーSが当たったが、金額はちゃんと「加減」して買おうっと。

中山11R 中山記念
重馬場の中山1800m。小回りコースでもあり、荒れる匂いがしますな。ポイントとしては以下の3点。

・前傾ラップ実績があり、
・別定G2に足りる能力のある、
・逃げ・先行馬。

はい結論。

◎レッドデイヴィス
○トゥザグローリー
▲ダイワファルコン
△フェデラリスト

◎レッドデイヴィス。前傾ラップに実績がある先行馬。芝1800mはベスト条件で、能力も十分足りている。この舞台ならばトゥザグローリーにも勝てる。○トゥザグローリー。最近は差しているので、そこが不安材料ではある。しかし能力は最上位だし、うまく先行できれば当然有力。▲ダイワファルコン。能力的に一歩劣るが、適正はかなりある。△フェデラリスト。この馬は前傾ラップ実績が全くない。対応するかもしれないが、押さえが妥当。

ちなみに、リアルインパクトは条件が全く合ってない。シルポートは後傾ラップでこそ。ソロソロ穴を開けそうだが、買うのはもう少し後でいい。フィフスペトルは前傾ラップ実績こそあるが、あれは短距離でのもの。中距離での前傾ラップは実績なし。

◎から3点。ワイドはつかないので、馬単馬連3連単で。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。