このブログは何年続くのかな…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日から冬休み。来年になる前に、巨人のアホな強奪補強について書いておこう。

・村田修一
去る2010年シーズンオフ。FA権を取得して意気揚々とFA宣言をチラ付かせるも、どこも手を挙げそうな気配がない。ヤバイと思ったのか、この年は「選手会長として、このままでいいのかと思った」などと言って残留。そして迎えた2011年。キャンプから「全力疾走する」といい、年間通じて一応のハッスルプレーを見せ、「改心した」と思わせることに成功(?)。そしてFA宣言すれば巨人が手を挙げる、という情報を入手し「勝てるチームに移籍したい」とのたまい、満を持してFA宣言、めでたく巨人入り。

この村田修一というバッター、私はそこそこ評価してます。あくまでもバッターとして、ね。ですが4番として、チームリーダーとしてどうか、と言われたら「ダメ」と答えますな

村田はチームの模範となるべき年齢であり、それを含めた年俸をもらってるのに、最下位チームのムードを変えるような態度が全然なかった。チャンスであっさり凡退するし、ピンチでマウンドに行って励ます事もなく、ベンチで声を出す事もない。一時的に全力疾走だけやったところで「俺が引っ張る、俺が見本となるんだ」っていう意識は全然見えないんですよ。最下位の中心選手が、上司の目の前でだけ働くゴマスリ社員のようでは、チームとして強くならんでしょ。今後、横浜が上位を目指すチームとなるにあたって、村田という選手はチームリーダーとして相応しいとはあまり思えん。もっとも、村田自身も「弱小ベイスターズの諸悪の根源」みたいな扱いを受けてたし、チーム変革期にあっては出て行くしかなかったでしょうな。

じゃあ獲得した巨人からすればどうか。まずチームリーダーとしての期待はしておらず、助っ人外人みたいな扱い。打つだけでいいならソコソコ働くんじゃなかろうか。もっとも、ラミレス以上に打つとは思えないので(守備と賞味期限は村田が上だが)、チーム力としては大して変わらないと見てます。

・杉内俊哉
杉内は「カネの亡者」みたいな印象がついてるけど、私が思うに、この選手は何よりも「プライド」が大事とみてます。カネの面でもそうだし、選手としての扱いもそう。自分のプライドが満足すればそれでいいんだと思う。扱いが非常に難しい選手と言えますな。

そこで問題になってくるのが起用法だが…原監督って「変えたがり」でしょ。好投してる先発をあっさり変える。日替わりで打線を組み替える。調子が悪くなればすぐ2軍に落とす。このやり方、杉内とはすっごく相性悪いはずなんだよね。打たれてないのに6回で代打出されたりしたら、簡単にヘソ曲げるはず。いかに原監督がガマンして使えるか、に掛かってると思うが…原にガマンがあれば、とっくに優勝しとるわなw ということで杉内は思ったよりも働かないと思います。チームと相性が悪すぎる(あと投手に代打を使う、セ・リーグの野球とも相性が悪いのでは)。

・ホールトン
このホールトンという選手、どこがいいのかよくわからん。19勝したと言っても、防御率メタメタじゃん。ランナー出すと安定感がなくて、いきなり大量点食らうし。調子よく抑えててもいきなり崩れる、中日で言うところの朝倉タイプでしょ。こんなの有難がって取るって、いかに巨人のスカウトが見る目ないかを表してますな。19勝なんて絶対ムリだろうし、ローテ守れれば御の字だろうね(それでも10勝10敗程度だろうけど)。

・総括
これだけ大補強した巨人ですが、結果としては大して強くなってないと思います。お得意の「伝統芸」と思っておけばよしw 持っていかれたチームにとっても、村田・ホールトンは別に痛くないし、杉内だってあんな大枚はたいてイヤイヤ残られるよりは、とっとと出てってくれた方が良かったでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。